2019年11月05日

[相鉄]新ダイヤの全列車時刻表を公表、11/30のJR直通線開業

 相模鉄道は、2019年11月30日の「相鉄・JR直通線」の開業ダイヤ改正についての特設ページを、同社ウェブサイトにオープンした。全列車の時刻表を公表したほか、駅ごとの変更点も掲載されている。
 この記事では、過去の発表では明らかになっていなかった主な点について列挙する。
 これまではJRと相鉄の直通列車の時刻のみが公開されていたが、今回は全列車が公開された。早朝には羽沢横浜国大始発の下り列車、深夜には羽沢横浜国大止まりの上り列車がそれぞれごく一部設定される。西谷を始発・終着とする列車は、羽沢横浜国大とのシャトル便がごく一部に限られる。

平日朝:本線特急増加、急行の一部は各停に

 平日朝上りの本線、特急が大幅に増える。その分、瀬谷の待避が増えている。平日朝上りは、急行の大半が瀬谷で特急を待避する。また、いずみ野線優等化の影響か、海老名(大和)始発急行の一部が、各停に格下げされる。逆に、いずみ野線は現行ダイヤでは各停ばかりだが、通勤特急・通勤急行がそれなりの本数が設定されて、見ちがえるようだ。

日中:下りは瀬谷で特急通過待ちも。いずみ野線は10分間隔

 本線は特急4本(ただし1本は新宿直通)、急行2本、快速1本、各停3本(ただし1本は新宿直通)。下りは瀬谷での待避が頻繁にある。
 いずみ野線は、快速2本/時、各停4本/時で、線内は10分間隔となる。

平日夕方:横浜発急行が毎時9本から6本に

 20分パターンで、横浜発は海老名ゆき急行2本・各停1本、いずみ野線湘南台ゆき快速1本・各停2本。さらに、新宿発の海老名ゆき特急1本が入る。
 現行ダイヤでは横浜発急行は毎時9本で、最大間隔は8分だが、新ダイヤでは13分まで開く。ただし、その間に入る湘南台ゆき快速が、西谷で新宿発特急と接続する。この時間は瀬谷での特急待避はない。

 ここから私見。ざっと見たところなので間違っているところがあればご指摘ください。ライジングさんの書き込みもとても参考にさせていただきました。直通開始という要素以上に変化があるなと思いました。本線二俣川以西の特急通過駅にとっては、やや不便になるところも目につきます。とはいえ、相鉄としては、直通線への転移がそれなりにあると賭けての事業でしょうから、直通線側を不便にできないという事情もあります。改正後の乗客の動向が注目ですね。

(相鉄の特設ページ)
https://www.sotetsu.co.jp/future/into_tokyo/diagram/
(プレスリリース)
https://www.sotetsu.co.jp/media/2019/pressrelease/pdf/r19-110-rt7.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:35 | Comment(15) | ニュース はてなブックマーク - [相鉄]新ダイヤの全列車時刻表を公表、11/30のJR直通線開業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

[富山地鉄][富山ライトレール]南北接続時の新ダイヤ発表、2020年3月に運行開始

 富山地方鉄道の市内電車(軌道線)と富山ライトレールが、富山駅を経由して直通運転をする、いわゆる「南北接続」が、2020年3月21日に実施されることになった。両社と富山市による記者会見で、新しいダイヤが発表になった。なお、両社は実施に先立つ2020年2月に合併をおこない、富山地鉄が存続会社となる。
 新しい運行形態は、現在の地鉄市内電車の1系統、2系統、環状線(3系統)のいずれも南北接続の対象となり、それぞれ一部の列車が、岩瀬浜に直通する。岩瀬浜側からみると、全列車が南北横断の列車となる。
 北側(富山港線)は、朝は毎時6本の現在と同じ10分間隔で、1系統との直通(南富山駅発着)、2系統との直通(大学前発着)が交互に運転される。さらに、城川原始発の列車2本が増発される。
 日中は運転本数そのものは毎時4本と変わらず、1,2系統との直通は毎時1本ずつで、さらに環状線との直通が毎時2本となる。夕方はピーク帯で2本増発されるが、基本的には日中と同じ運行形態となる。
 南側(市内電車側)は、区間ごとの本数はおおむね現状維持で、一部列車が北側との直通に切り替わる形だ。ただし、環状線は日中の運転が毎時4本になり、現状よりも微減となりそうだ。
 ここから私見。コンパクトシティ構想を打ち出し、路面電車復権の先頭を走ってきた富山市の構想がいよいよ完成することになります。記者会見にもありますが、富山地鉄の市内電車は、環状線運行開始前は年間360万人だった乗客が、昨年には530万人まで増えたそうです。ライトレール側は、JR時代は113万人だった乗客は、ここのところ200万人台を超えているとか。これが、南北接続でどこまで増えるか注目ですね。建設中の宇都宮LRTも、駅の東西でいうと「賑わっていない」方の駅東側の区間が開通しますが、そのあと中心市街地である西側まで延伸するかどうか議論があるそうで、富山の事例も大いに参考になるでしょう。

http://www.city.toyama.toyama.jp/kikakukanribu/kohoka/kishakaiken/reiwagannenndo/kishakaikenR11001.html
http://www.city.toyama.toyama.jp/data/open/cnt/3/20686/1/2019.1001sansyakaikenshiryou.pdf
http://www.city.toyama.toyama.jp/data/open/cnt/3/20686/1/20191001sansyakaikengaiyou.pdf

この情報は、ライジングさんよりいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 22:53 | Comment(5) | ニュース はてなブックマーク - [富山地鉄][富山ライトレール]南北接続時の新ダイヤ発表、2020年3月に運行開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

[JR西日本]近畿エリアの終電繰り上げへ「目安は24時」。早ければ2021年春?

 JR西日本は、近畿エリアの在来線について終電を繰り上げる検討に着手した、と発表した。検討の中心となるのは24時以降の列車。発表によると、深夜帯の保線現場は人手不足が続いており、終電繰り上げにより1日の作業の時間を長く確保することで、作業が必要な日数の軽減を目指すという。以前に比べて、23〜24時台の乗客が減ってるという背景もあるとしている。報道各社によると、実施は早ければ2021年春のダイヤ改正時。
 大阪駅発では、東海道線下りが0:28発西明石ゆき、上りが0:31発高槻ゆき。これらを、仮に24時ちょうどまで繰り上げると、深夜作業の日数が10%削減できるという。
 産経新聞によると、会見では「午前0時はあくまで目安で、利用状況を基に検討を進めたい」と説明があったという。2021年春のダイヤ改正で実施する見通しだという。
 朝日新聞は、現時点で阪急、阪神、京阪の各社は、終電繰り上げについて「足並みをそろえることは考えていない」と報じている。
 ここから私見。調べてみると、実はJR西日本が大阪中心部の終電を繰り上げるのは、2009年春のダイヤ改正以来で、このときは、尼崎の事故を受けて「外部有識者から運転士の体調管理への配慮を提言された」という理由を挙げていました。労働環境改善という名目では今回と似ています。いわゆる「国電区間」は歴史的に終電が遅く、特に関西では私鉄の終電が関東に比べて早いことから、JR西からすると余計に負担感が大きいのでしょうね。

(JR西日本)
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/10/page_15168.html
(産経新聞)
https://www.sankei.com/life/news/191024/lif1910240032-n1.html
(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASMBS5H4LMBSPTIL01M.html

この情報は、ライジングさんよりいただきました。ありがとうございました。
タグ:JR西日本
posted by Uchio at 23:00 | Comment(45) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]近畿エリアの終電繰り上げへ「目安は24時」。早ければ2021年春? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

[東武]野田線船橋口の急行停車駅を発表。朝夕も運転、高柳で緩急接続か。来春開始

 東武鉄道は、野田線(アーバンパークライン)で2020年3月のダイヤ改正で開始される船橋口(船橋−柏−運河間)の急行運転について、停車駅や運転本数について発表した。さらにこの改正では、終電の繰り下げや、柏発の特急の運転も盛り込まれるという。

停車駅■ついに発表。他線接続駅に絞る

 新たに急行が運行される箇所の急行停車駅は、船橋、新鎌ケ谷、高柳、柏、流山おおたかの森、運河。運河から春日部までは各駅に停車する。基本的に他社線との接続駅に絞り込まれた。接続駅以外で選ばれたのは高柳で、2面4線の設備を活かして、緩急接続がおこなわれるものとみられる。
 現在の急行は、春日部以東では各駅に停車するが、ダイヤ改正後は運河以東については通過駅が生じることになる。

運行■朝夕も運転、大宮口には区間急行も登場

 日中(10〜15時台)は、大宮−船橋間で毎時2本運転される。運河−船橋間で現行の普通よりも15分、運河−大宮間で現行の急行よりも1分短縮し、合わせて16分短縮して、大宮−船橋間を76分で結ぶ。
 朝(6〜9時台)と夕方・夜間(16〜22時台)にも、柏−船橋間で毎時2本運転される。朝は同区間で22分、夕方・夜間は19分で結ぶ。
 ただし、春日部以東が各駅停車となる「区間急行」も新設される。こちらは平日の朝・夕、土休日の朝・夕・夜間に運転される。
 野田線の急行運転は2016年、大宮−春日部間で開始。さらに、2017年11月の中期経営計画で、船橋口に拡げることが発表されており、予定通りに2020年3月の運転開始となった。

終電繰り下げ■最大30分、各線の終電から接続

 最大30分の終電繰り下げも発表された。特に、他社線の終電からの接続を大きく謳っている。大宮では、JR高崎線や埼京線、流山おおたかの森ではTX、新鎌ケ谷では北総、船橋では総武快速線のそれぞれ終電と接続するという(ただし他社線の終電時刻が現在のままだと仮定)。
 さらに、平日夜に、柏発春日部方面の「特急アーバンパークライナー」も新設されるという。

 (追記 9/28 11:00)ここから全体についての私見です。停車駅をだいぶ削って、速達性を高めてきましたね。大宮−船橋76分というのは、武蔵野線経由(含む乗り換え2回)と大差ないレベルといって良いと思います。これまで、郊外の環状線では、フィーダー型利用が多いとして、通過運転には否定的な見方が強かったとおもいますが、南武線の快速の例などを見ても、これまで遠いと思っていた場所が近くなる(登戸から立川とか)ことで、新たな需要が生まれる効果はありそうな気がしています(エビデンスを確かめられていませんが)。たとえば今回では、船橋から清水公園みたいな区間は、だいぶ「近くなる」という印象です。
(訂正)停車駅の箇所で「以東」と「以西」を逆に書いておりまして、訂正いたしました。コメント欄でご指摘いただいた八木橋さん、ありがとうございました。


(東武リリース)
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b17451762c90143872982fcec973cf70/190927_2.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:59 | Comment(48) | ニュース はてなブックマーク - [東武]野田線船橋口の急行停車駅を発表。朝夕も運転、高柳で緩急接続か。来春開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

[JR西日本]西九条に渡り線増設、桜島線増発を可能に。2020年運用開始

 JR西日本は、大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)の西九条で、桜島線の増発を可能にするため、線路設備を改良すると発表した。2020年に運用開始する。
 特急「はるか」「くろしお」の下り列車は、新大阪から大阪環状線の下り方向に抜けるために、西九条の中線を通過するが、新大阪方に渡り線を新設して、中線を通らずに済むようにする。中線は桜島線列車の発着に使われており、これによってピーク時間帯の本数を現在の毎時9本から12本に増やすことが可能になるという。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14937.html
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/190918_00_yumesaki-1.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:05 | Comment(10) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]西九条に渡り線増設、桜島線増発を可能に。2020年運用開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

[JR北海道]快速エアポートを増発、朝夕には特別快速も新設。2020年春のダイヤ改正で

 JR北海道は、2020年春のダイヤ改正で、千歳線の快速エアポートを毎時4本から5本に増発すると発表した。116本から148本になる。
 また、停車駅を絞り込んだ「特別快速」を新設する。朝、空港方向2本、夕方に札幌方向に2本の合計4本。停車駅は新札幌と南千歳のみで、空港−札幌間は最速33分。
 また同じく来春の改正では、来年4月にオープンする、国立アイヌ民族博物館などが集まる新施設「ウポポイ」の最寄り駅となる白老に「スーパー北斗」を停車させる。現行ダイヤでは「すずらん」は停車しているが、スーパー北斗が加わることで、31本の特急が停車することになる。


(JR北海道)
https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20190911_KO_airport%20powerup.pdf
https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20190911_KO_upopoi%20shiraoista.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:JR北海道
posted by Uchio at 21:36 | Comment(28) | ニュース はてなブックマーク - [JR北海道]快速エアポートを増発、朝夕には特別快速も新設。2020年春のダイヤ改正で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

[京成][北総]本線は日中40分パターンに。特急の半数が成田止まり快特に、快速の半数が成田空港発着に。10/26のダイヤ改正

2019年10月26日の京急・京成を中心とした各線のダイヤ改正に関するニュース一覧

 京成電鉄、北総鉄道などは、2019年10月26日のダイヤ改正について、2回目の発表をおこなった。スカイライナーの大幅増発(20分毎化)が1回目では発表されているが、今回の発表では京成本線の日中パターンの変更が新たに示された。
 日中パターンは現在のダイヤでは、本線優等は、上野−成田空港間の特急、都営浅草線(西馬込)−佐倉の快速がそれぞれ20分毎。新しいダイヤでは、特急の半数が、成田止まりの快速特急になり、代わりに快速の半数が成田空港発着に延長される。全体としては40分パターンダイヤとなるが、佐倉での緩急接続は残り、快速特急と空港発着の快速も接続する。佐倉以西は現状に近いものになりそうだ。
 モーニングライナー、イブニングライナーの時刻も発表になった。スカイライナー増発にともなって、一部が成田発着に短縮されるものの、本数は変わらない。
 深夜帯の増発については、前回の発表と変わらなかった。宗吾参道以西については、現状の終電と同じとみられる。
 北総鉄道の発表によると、平日夜間19時台に新鎌ヶ谷発印西牧の原ゆきを増発する。また、深夜上りの西馬込ゆき終電が、新鎌ケ谷で後続のアクセス特急との緩急接続をおこなってから発車する(現行では東松戸まで先行)。
 これ以外の列車についての詳細は発表されなかった。東京新聞鉄道クラブのツイッターによると、アクセス特急について京成広報に問い合わせたところ「減ることはありません」と返答があったという。
 ここから私見。スカイライナー増発に合わせて一般列車も変更になりました。日中は特急に比べて浅草線直通の快速は空いているので、混雑の平準化も狙っているのでしょう。浅草線からみると、アクセス特急と合わせて40分に2本が成田空港ゆきになり、エア快通過駅からも利用できるので案外便利かもしれません(後続のアク特が先着という可能性もありますが)。一方で、上野・日暮里を利用する空港客に対しては、スカイライナーを使って欲しいというのもあるかもしれませんね。いずれにしても、全体の時刻表の発表が待たれますね。

(京成)
http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20190919_151226858750.pdf
(北総)
https://www.hokuso-railway.co.jp/hokuso-railwaycms/wp-content/uploads/2019/09/72d6970e76eb6315298095cdbfa5f899.pdf
(東京都交通局)
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2019/sub_i_201909198759_h.html
(東京新聞鉄道クラブ)
https://twitter.com/tokyotetsukura1/status/1174561103608598528

この情報は、ライジングさんよりいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:26 | Comment(96) | ニュース はてなブックマーク - [京成][北総]本線は日中40分パターンに。特急の半数が成田止まり快特に、快速の半数が成田空港発着に。10/26のダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

[まとめ]続・将来の大規模なダイヤ改正予定

いつも当サイトの運営に対するご協力ありがとうございます。情報提供スレでBangkokさんから提起のあった「今後の大規模ダイヤ改正」についてですが、この記事のコメント欄をご利用いただけると幸いです。

▼2019年10月26日
京成スカイライナー20分間隔化
http://dia.seesaa.net/tag/2019%94N10%8C%8E26%93%FA%83_%83C%83%84%89%FC%90%B3

▼2019年11月30日
相鉄・JR直通線の開業
http://dia.seesaa.net/tag/%91%8A%93S%81E%82i%82q%92%BC%92%CA%90%FC

▼2020年春
東武野田線(アーバンパークライン)船橋口で急行運転開始
http://dia.seesaa.net/article/2020spring_tobu_noda_line_express_to_extend.html

▼2020年度
東武伊勢崎線・東京メトロ日比谷線で着席サービス開始
http://dia.seesaa.net/article/201903_tobu_metro_new_train_plan_revealed.html

▼2022年下期
相鉄・東急直通線の開業
http://dia.seesaa.net/tag/%90_%93%DE%90%EC%93%8C%95%94%95%FB%96%CA%90%FC

▼2023年度末
JR東・中央線のグリーン車導入
http://dia.seesaa.net/article/201804_JR_Chuoline_Greencar_service_to_be_launched_2023_24.html

▼2025年度
東京メトロ・東西線の九段下折り返し線設備改良完成
http://dia.seesaa.net/article/201903_Tokyometro_masterplan_to_2021_revealed.html

▼2029年度?
JR東・羽田空港アクセス線東山手ルート開通
http://dia.seesaa.net/article/201802_JREast_Haneda_access_service_plan_revealed.html

▼2030年ごろ?
横浜市営地下鉄ブルーライン新百合ヶ丘延伸
http://dia.seesaa.net/article/201901_Yokohama_subway_expansion_to_Shin-Yuri_approved.html

なお、2012年にも似たような記事を書いており、当時挙げた中で唯一残っているのが、相鉄直通線ですね。
http://dia.seesaa.net/article/270203819.html#comment
posted by Uchio at 22:44 | Comment(1) | 将来のダイヤ改正予定 はてなブックマーク - [まとめ]続・将来の大規模なダイヤ改正予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

[話題シリーズ]海外の鉄道における「種別」とは?

 相鉄・JR直通線の記事のコメント欄で、日本の各鉄道の「種別」の英語訳と、海外鉄道の種別についての話題が出ました。記事の趣旨と大きくズレることもあり皆さま控えめに書き込まれていました。管理人(Uchio)はこの話に興味がありまして、ここに専用の記事を作りましたので、ぜひこちらのコメント欄にどうぞお書きください。
 ワタシが知っているのは以下のような感じです。

●LocalとExpressが、日本とまったく同じ意味で使われているのはニューヨークの地下鉄。Localは各駅停車、Expressは通過駅のあるいわゆる「急行」です。
●Limitedは、アメリカで「特急」を表す単語だったけれど、アメリカで鉄道が衰退してしまったため、逆に意味の分かる人が少なくなっている。南武線利用者さんが書いてくださった通り。
●アメリカのCALTRAINは、最優等が「BabyBullet」、その次が「Limited」。各停はLocal。目黒川さんが書いてくださった通り。Limitedよりも上があるというのは、京成と京急に似てますね。
●イギリスの鉄道には現在、種別は全くない。ただし、一般的な単語としての各駅停車は「Stopping train」で、日本で言う特急にあたる列車は「Fast train」。その中間的な列車は「Semi-Fast」(これは業界用語かも)。
●ヨーロッパでは、最優等が「EC」=EuroCity、その次が「IC」=InterCity、その下については、さらに国ごとに「IR」=InterRegioなどがある(1990年代の知識なので現在は違うかも)

・アメリカのどこかに、最上位優等がLimitedで、その次がExpress、各駅停車はLocalという、まさに日本とそっくりという鉄道があったのを見かけた気がするのですが、思い出せずにいます。

posted by Uchio at 22:45 | Comment(23) | 議論シリーズ はてなブックマーク - [話題シリーズ]海外の鉄道における「種別」とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

[ゆいレール]首里折り返しも5往復設定、てだこ浦西延伸開業ダイヤを公表

 沖縄都市モノレール(ゆいレール)は、2019年10月1日の首里−てだこ浦西間の延伸開業に伴うダイヤ改正の内容を発表した。
 ゆいレールでは、2017年8月のダイヤ改正から、月〜木曜、金曜、土曜、日曜の合計4本立てのダイヤとなっているが、今改正でふたたび平日(月〜金)と土休日の2本立てに戻る。
 また、平日朝には那覇空港−首里間の区間運転が5往復設定される。

https://www.yui-rail.co.jp/news/3011/
https://www.yui-rail.co.jp/common/uploads/ce14293c4b425fb4f5a8ab3b9b5470ea.pdf

この情報は、ライジングさんよりいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:36 | Comment(7) | ニュース はてなブックマーク - [ゆいレール]首里折り返しも5往復設定、てだこ浦西延伸開業ダイヤを公表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする