2018年10月06日

[京急]産業道路や「読みにくい」駅など数駅に新駅名募集、小中学生対象

 京浜急行電鉄(京急)は、産業道路駅と、読みにくい駅など数駅を改称することとし、小中学生を対象に新駅名の募集を始める。
 京急のリリースによると、産業道路駅は、大師線連続立体交差事業により駅前広場ができることから、駅名を変更する。さらに、それ以外にも、「読みかた等が難しくお客さまにご不便をおかけしている駅」など数駅を、「一層皆さまに愛される」名前に変更するという。 ただし、他社線との乗り換え駅や、公共施設(鮫洲・平和島など)、神社仏閣(弘明寺・川崎大師など)、歴史的史跡(金沢文庫・安針塚など)の最寄り駅など合計26駅は対象外とされている。ただし、仲木戸や新逗子は
 応募できるのは、京急沿線に住む小中学生。新駅名や変更時期は、2019年春に発表する。
 毎日新聞によると、羽田空港国内線ターミナル、羽田空港国際線ターミナル駅も似たタイミングで変更されるという。
 ここから私見。ダイヤ改正と関係ないですが、駅名ネタは好きなので取り上げます。京急大師線沿線では、工場街から大規模マンションへの転換が劇的に進んでますね。再開発による高級化(ジェントリフィケーション)のためには、イメージを変えたいということなんでしょうね。あとはどの駅が対象になるのでしょうか。読み方が難しいというと、雑色、新馬場、追浜、逸見あたりでしょうか。地元の方々の愛着や思いがどうなのかが気になります。ちなみに、山万(ユーカリが丘線)でも2008年に新駅名を募集したものの、地域住民から今の駅名への愛着を訴える声に配慮して、改称を中止したという話がありました。
 京急は開業が古い分、駅の命名に独特の雰囲気がありますよね。青物横丁の「青物」は野菜という意味ですが、今ではあまり聞かない言葉です。金沢の「文庫」や「八景」も、おそらく昭和に開業した私鉄であれば、別の命名になったでしょうね。

(京急リリース)
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180918HP_18132MT.html
(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180905/k00/00e/040/230000c

この情報はライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:京急
posted by Uchio at 22:42 | Comment(73) | ニュース はてなブックマーク - [京急]産業道路や「読みにくい」駅など数駅に新駅名募集、小中学生対象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

[神戸市交]「市営地下鉄西神・山手線で快速復活の検討」産経新聞が報じる

 産経新聞は、神戸市が、市営地下鉄西神・山手線に快速運転の復活を検討している、と報じた。
 神戸市営地下鉄西神・山手線では、個人サイト「神戸鉄道資料館」にある「神戸市営地下鉄 北神急行 車両とダイヤの歴史」によると、1993年7月に快速運転が開始された。停車駅は西神中央、名谷、新長田、三宮、新神戸で、昼間に30分間隔で運転され、待避設備のある名谷で一部列車が緩急接続をした。しかし、阪神・淡路大震災の臨時ダイヤで休止され、その後復活することはなかった。
 産経新聞によると、神戸市は、新たな待避駅を設けるために上沢など複数の駅施設を拡張する案を持っているとしている。

https://www.sankei.com/west/news/180920/wst1809200007-n1.html

この情報はライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:45 | Comment(41) | ニュース はてなブックマーク - [神戸市交]「市営地下鉄西神・山手線で快速復活の検討」産経新聞が報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

[京急]休日下りに「ホリデー・ウイング号」、快特2本は1両分座席指定。臨時列車で

 京浜急行は2018年9月22〜24日、10月6〜8日の3連休に、朝下りに全車指定席の「ホリデー・ウイング」号を運転する。さらに、同期間は同じく朝下りの快特2本について、1両分を「ウイング・シート車」として、京急川崎、横浜の2駅から乗車できる座席指定車とする。いずれも、京急としては初めて。
「ホリデー・ウイング」は、品川8:59発で途中横浜のみに停車して、三浦海岸が終着。座席指定券は「みさきまぐろきっぷ」とセットで購入する必要がある。
「ウイング・シート車」は、品川8:08、8:28発の2本の快特(三崎口ゆき)について、2両目は、京急川崎と横浜から乗車できる座席指定車とする。この車両は、品川−京急川崎間は締め切られる。一方で、上大岡からは誰でも乗車できるようになる。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180906HP_18125MT.html

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:京急
posted by Uchio at 17:33 | Comment(23) | ニュース はてなブックマーク - [京急]休日下りに「ホリデー・ウイング号」、快特2本は1両分座席指定。臨時列車で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

[JR東日本]総武快速・横須賀線のE235系は完全ロング。セミクロスは採用されず

 JR東日本は、2020年度から総武快速・横須賀線にE235系を投入する計画を明らかにした。現状のE217系には千葉方にセミクロスシート車両があるが、E235系では完全にロングシートとなる。
 一方、グリーン車には、普通列車のグリーン車では初めてとなる電源コンセントや無料Wi-Fiを導入する。基本11両、付属4両という構成は変わらない。
 ここ最近で、いわゆる中電(中距離電車)区間に投入されている車両は、セミクロスとロングの組み合わせだが、今回を機に他線区でもロング化していくのかどうか注目される。

http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180902.pdf

この情報はげんがあさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 23:08 | Comment(125) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]総武快速・横須賀線のE235系は完全ロング。セミクロスは採用されず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

[京王]土休日夕方に高尾山口始発の京王ライナー、2018年11月に臨時運転

 京王電鉄は2018年11月に、土休日・祝日を中心に高尾山口始発の上り「京王ライナー」を運行する。1日2本となるという。広報紙「京王ニュース」同年9月号で「予告!!」として取り上げた上で、詳細は10月号にて説明するという。
 京王電鉄は2018年2月のダイヤ改正から、平日夕方に、別料金が必要な指定席列車「京王ライナー」の運行を始めた。2015年に中期経営計画に盛り込まれた際の日経新聞の記事では、土休日に高尾山方面への乗客も狙うとされていた。

https://www.keio.co.jp/press/news/list/index.html

この情報はライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:京王
posted by Uchio at 22:38 | Comment(61) | ニュース はてなブックマーク - [京王]土休日夕方に高尾山口始発の京王ライナー、2018年11月に臨時運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

[京阪]「ライナー」増発、夜間上りにも2本設定。プレミアムカーの急行運用消滅。9/15にダイヤ改正

 京阪電鉄は、2018年9月15日にダイヤ改正をおこなう。
 全車両が座席指定となる「ライナー」の本数を増やす。「ライナー」は、2017年8月のダイヤ改正で登場し、朝下りの2本のみの設定。今改正で、朝下りは出町柳発淀屋橋ゆきを1本増発するほか、夜間上りにも新たに2本設定される。淀屋橋発出町柳ゆきとなる。運転区間が淀屋橋−出町柳間に伸びるが、中書島以北と京橋以西については新たに380円という料金が設定される(それ以外の区間は300円)。
 同じ改正で導入された「プレミアムカー」については、運用する時間帯をやや広げる。また土休日の「洛楽」にも導入される。また、現行ダイヤではわずかながら、急行運用もあるが、これらは全廃される。
 平日朝には、出町柳発淀屋橋ゆき特急1本と、寝屋川市発出町柳ゆき快速急行1本がそれぞれ増発される。
 土休日朝には、特急2本が増発され、代わりに急行1本が準急に格下げされ、1本が区間短縮される。

https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2018-07-17_daiya.pdf

この情報はライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:京阪
posted by Uchio at 20:26 | Comment(26) | ニュース はてなブックマーク - [京阪]「ライナー」増発、夜間上りにも2本設定。プレミアムカーの急行運用消滅。9/15にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

[阪急]宝塚線系統で7/7にダイヤ改正。箕面線の梅田直通が激減

 阪急電鉄は2018年7月7日、宝塚線でダイヤ改正をおこなう。朝夕のパターンが変わる。
 箕面線の梅田直通列車が激減する。現行ダイヤでは、朝は上り準急3本、普通6本、下りは準急3本、普通2本、夕方は下りが普通8本、上りは普通6本の合計上下28本設定されているが、これが朝上りの普通2本のみとなり、下りと夕方は全廃となる。
 阪急のリリースによると、代わりに箕面線の朝上り列車は、石橋で通勤特急や特急(日生エクスプレス)との接続を
 夕方は箕面線直通普通を廃止した代わりに、急行雲雀丘花屋敷ゆきを20分毎に運転する。急行は毎時9本と増えるが、普通は逆に毎時6本となり現行より3本減る。
 土休日は、現在は20時台まで10分間隔で、21時台は12分間隔だが、新しいダイヤでは、19時台から12分間隔になる。阪急のリリースでは「今津線との接続が改善される」としている。同日にダイヤ改正をおこなう能勢電鉄でも、同様に19時以降が12分間隔になる。
 能勢電鉄では他に、現在の始電(妙見口5:10発)の前に、平野5:05発川西能勢口ゆきを新設。平野以南では上り始電が約20分繰り上がる。

(阪急)
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5958_0783ab762052d26d14ab7b358943b610b1cbc391.pdf
(能勢電鉄)
http://noseden.hankyu.co.jp/upload_file/noseden/information/newsrelease201805221.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。

大阪北部地震にて被災された皆さまには心からお見舞い申し上げます。一日も早く、平穏な生活に戻れますようお祈り申し上げます。
posted by Uchio at 21:53 | Comment(29) | ニュース はてなブックマーク - [阪急]宝塚線系統で7/7にダイヤ改正。箕面線の梅田直通が激減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

[小田急]議論シリーズ:複々線化完成!よりよいダイヤとは?

 2018年3月、小田急線の複々線化が完成し、全く新しいダイヤに変わりました。今後、このダイヤはどのように改良されていくのか。ダイヤ私案をお考えの皆さまに、披露していただく場を設けました。個別記事へのコメント欄だと、埋もれてしまいますし、本来の記事の趣旨に沿ったコメントのやりとりとは噛み合わない場合もありますので、今後はこちらにどうぞ。

▼ちなみに完成前の同様の記事はこちらでした。ご参考までに
[小田急]議論シリーズ:複々線化完成後のダイヤはどうなるか


★ダイヤ案を投稿される場合は、以下の点を考慮の上でお願いします

・投稿後にいろいろな指摘や反論が来ると思います。謙虚に受け止めてください。あなたとは意見が異なる人もいます
・ダイヤに「正解」はありませんが、「間違い」はあります。設備上や車両上の制約がもとで、そもそもその通りに運行ができない場合です。指摘に対しては、謙虚に受け止めてください。
・ダイヤに重要なのはバランスです。どこかの区間だけが便利になっても、それ以外の全部が今より不便になるダイヤは採用されないでしょう
・増発にはコストがかかります。増発してもそれに見合った収入が増えないのであれば、実現は難しいでしょう
・既存の優等列車の停車駅を削減することは簡単ではありません
・優等列車の停車駅の選定には、各駅停車との接続も重要です
タグ:小田急
posted by Uchio at 22:31 | Comment(295) | 議論シリーズ はてなブックマーク - [小田急]議論シリーズ:複々線化完成!よりよいダイヤとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

[小田急]2018年度中に再度ダイヤ改正。新宿口各停は10両に、開成に快急・急行が停車

 小田急電鉄は、2018年度内にダイヤ改正を行い、新宿口の各停を10連化し、開成に快速急行・急行を停車させると発表した。2018年3月に、複々線化完成にともなう根本的なダイヤ改正をしたばかりだが、さらなるダイヤ改正を予告したかたちだ。
 小田急は4月27日、2018年度の鉄道事業設備投資計画について発表。その中で、代々木八幡と開成のホーム10両化を挙げて、その目的と期限を「今年度中のダイヤ改正」としている。代々木八幡の10両化によって、新宿口の各停が現行の8両編成から、10両編成にできる。リリースでは「朝のラッシュピーク時間帯における輸送力増強と、運行異常時におけるダイヤ復旧の迅速化」が実現されるという。
 ダイヤ改正については、それ以上の内容はないが、実際の乗客動向や運行の安定性などを検証して何らかの修正してくることは間違いない。新宿口の各停10連化をどう反映させるかについても注目される。

https://www.odakyu.jp/news/o5oaa100000194wz-att/o5oaa100000194x6.pdf

この情報はライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:小田急
posted by Uchio at 22:36 | Comment(130) | ニュース はてなブックマーク - [小田急]2018年度中に再度ダイヤ改正。新宿口各停は10両に、開成に快急・急行が停車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

[東急]平日夜の大井町線に有料座席指定サービス。1両のみ、毎日5本程度。中経には記載なし

 東急電鉄は2018年冬に、大井町線に有料座席指定サービスを導入すると発表した。
 大井町発長津田ゆきの急行で、平日19時半〜23時のうち、毎日5本程度。今年3月に導入される最新車両6020系の7両編成のうち1両を、ロング・クロス(L/C)転換可能な車両に置き換える。1両のみで、座席数は40。それ以外の6両は通常の車両となる。
 料金や発券方法、有料となる区間などの詳細は「決まり次第お知らせする」としている。
 東急の有料座席指定サービスは、東横線のS−TRAINがあるが、自社車両によるものは初めてとなる。
 一方、ほぼ同時に発表された、2018〜2020年度の中期3か年経営計画では、このサービスについては全く言及がなかった。

(東急リリース)
http://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20180326.pdf
(中期経営計画)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180323496206.pdf

この情報は、るびすさんから教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 22:31 | Comment(13) | ニュース はてなブックマーク - [東急]平日夜の大井町線に有料座席指定サービス。1両のみ、毎日5本程度。中経には記載なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする