2010年12月19日

[JR西日本]大阪近郊各線で15分パターン採用。基幹系快速を強化。普通は毎時6本から4本へ。有効本数は多くの駅で減少(2011.3.12 JRダイヤ改正・3)

 JR西日本は、2011年3月12日のJRグループ一斉ダイヤ改正で、大阪近郊のアーバンネットワーク各線で、根本的なダイヤパターンの変更を行う。
 もっとも変化が大きいのは、阪和線、大和路線、大阪環状線で、日中は現在の20分パターンを、15分パターンへと転換する。基幹となる速達系列車が、20分に1本から15分に1本になるが、一方で、10分に1本の普通列車は15分に1本が原則となる。
 大阪環状線は、乗り入れる関空・紀州路快速、大和路快速がそれぞれ毎時3本から4本に増えるが、環状線内を一周する普通は、現在の毎時6本から4本に減る。西九条−天王寺間の快速通過駅は、15分に1本のみとなる。ただし、そのうち大正は、今改正から快速停車駅となる。
 JRゆめ咲線(桜島線)直通は毎時3本から4本に増えるが、ゆめ咲線内のみ運転する列車(現在は毎時3本)がなくなり、同線内の各駅は15分に1本となる。
 阪和線は、関空快速・紀州路快速が毎時4本となるが、日根野から先は各駅停車になる。快速(現行で毎時3本)はなくなり、鳳から各駅停車となる区間快速(毎時4本)が新設される。普通は毎時4本で、天王寺−鳳間のみとなる。有効列車は、多くの駅で毎時6本から4本に減る。
 大和路線(関西本線)は、大和路快速、快速ともに現行の毎時3本が4本に増える。一方で、普通は毎時6本(うち柏原折返し3本)が、4本となる。普通は王寺で折り返すため、王寺以遠の各駅の有効本数は4本となる。快速でも高田や加茂へ行くのは毎時2本となる。
 JR宝塚線(福知山線)では日中、宝塚−大阪間の快速が毎時2本新設される。従来の丹波路快速と合わせて、大阪直通の快速が毎時4本になる。一方で、JR東西線直通の快速は、塚口または尼崎で打ち切りとなる。
 また、琵琶湖線(東海道本線)の南草津に、新快速が新たに停車する。

http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2010/12/17/20101217_kinki.pdf
posted by Uchio at 20:01 | Comment(136) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]大阪近郊各線で15分パターン採用。基幹系快速を強化。普通は毎時6本から4本へ。有効本数は多くの駅で減少(2011.3.12 JRダイヤ改正・3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR九州]在来線は再編。特急の代替で快速を一部延伸。「かもめ」「みどり」の併結終了(2011.3.12 JRダイヤ改正・2)

 JR九州は、九州新幹線(鹿児島ルート)の全通に伴い、在来線各線でも2011年3月12日、ダイヤ改正を行う。
 新幹線開通区間と重なる鹿児島本線では、大きな影響がある。
 特急「リレーつばめ」は廃止となる。特急「有明」は、名称は残るものの、大幅に削減され、熊本発着は上りは早朝1本、下りは深夜1本の1往復。長洲発着が朝上り2本と夕夜間下り3本。現行列車の門司港・小倉−博多間は、「きらめき」として運転される。
 日中は、鳥栖以南で特急が消える代わりに、快速列車の運転区間が延長される。博多−久留米間が毎時3本、博多−大牟田間は毎時2本となる。また、大牟田−熊本間に日中、快速「くまもとライナー」が新設される。毎時1本で、同区間の普通を格上げする形になり、普通は毎時1本になる。
 一方、小倉−博多間では、日中の準快速が、福間−小倉間各駅停車となる快速に変更される。
 豊肥本線には日中、特急「有明」の代わりに、快速「豊肥ライナー」が新設される。熊本−光の森・肥後大津間で、毎時1本。
 また、特急「かもめ」「みどり」の併結を取りやめ、別の列車として運転する。さらに「かもめ」のうち毎時1本が、肥前山口を通過する。これにより、佐賀−博多間が毎時3本となる。「みどり」と「ハウステンボス」の併結はこれまで通り残る。
 また、九州島内で唯一の夜行列車だった「ドリームにちりん」は廃止になり、ほぼ同じスジで、下りは大分止まり、上りは柳ヶ浦始発の「ソニック」となる。

(九州新幹線の記事は、こちら


http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb... (プレスリリース3)

posted by Uchio at 16:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR九州]在来線は再編。特急の代替で快速を一部延伸。「かもめ」「みどり」の併結終了(2011.3.12 JRダイヤ改正・2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

[JR九州]九州新幹線・全通開業ダイヤを発表。新鳥栖と久留米はほぼ同数停車に(2011.3.12 JRダイヤ改正・1)

 JRグループ各社は、2011年3月12日の一斉ダイヤ改正の概要を発表した(ダイヤ改正ニュースでは、いつも通り、いくつかの記事にわけてお届けします)。
 JR九州は、同日に全線開業する九州新幹線(鹿児島ルート)のダイヤの概要を発表した。
 日中は、「さくら」3本、「つばめ」1本。「さくら」3本の内訳は、それぞれ、新大阪−鹿児島中央間(途中停車駅は、久留米、熊本、川内。ただし、久留米ではなく新鳥栖の場合もある)、博多−鹿児島中央間(停車駅は、新鳥栖、熊本以南の各駅。新鳥栖ではなく久留米の場合もある)、博多−熊本間(新鳥栖と久留米の両方に停車)。
 新大阪直通の「さくら」は、筑後船小屋、新大牟田、新玉名のいずれかに止まる列車がそれぞれ上下1本ある。「つばめ」は、博多−熊本間の各駅停車のみ。
 最速達となる「みずほ」は、朝夕に4往復で、線内の停車駅は、熊本のみ。新大阪−鹿児島中央間の所要時間は、3時間45〜47分。
 そのほか朝夕時間帯は、熊本発着の「さくら」がなくなり、各駅停車型の「つばめ」が毎時2本となる。
 午前中には、新下関−鹿児島中央間の「さくら」も2往復運転される。以前は、小倉発着との報道(=過去記事)もあったが、新下関発着になった。
 熊本以南の速達型「さくら」が、新八代にも停車するという報道もあった(=過去記事)が、実際の発表によると、新八代は通過で、新水俣や出水と同じ停車本数となる。
 新幹線の駅としては近接して設置される、新鳥栖と久留米の間で、上位種別の停車駅の綱引きがあったが、「さくら」が、いずれか1駅または2駅に停車することになり、ほぼ同数の停車となった。ただし、新大阪直通列車は、久留米の方が多い。


http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb... (プレスリリース1)


http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb... (プレスリリース2)


今回の件では、多くの方から情報を提供をいただいております。ありがとうございました。最後にまとめてお礼を申し上げたいと思います。
posted by Uchio at 23:20 | Comment(21) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [JR九州]九州新幹線・全通開業ダイヤを発表。新鳥栖と久留米はほぼ同数停車に(2011.3.12 JRダイヤ改正・1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

[東京メトロ]小竹向原の平面交差を解消のため新トンネル建設、と日経が報じる

 日本経済新聞は、東京メトロ(東京地下鉄)が、有楽町線・副都心線の小竹向原−千川間にある平面交差を解消するため、新たに、立体交差する新トンネルを建設する、と報じた。事業費は200億円で、上り線は2012年度に、下り線は2014年度に完成することを目指すという。
 副都心線開業以後、小竹向原駅近くの平面交差が運行上のネックとなり、遅延がなかなか解消されないなどの状況が続いていた。
 記事によると、副都心線が、2012年度末に東急東横線・みなとみらい線との直通を開始することから、さらなる混乱を防止することと、さらなる増発を可能にすることを目指す等。
 ここから私見。小竹向原の混乱ぶりはもはや有名ですね。このまま行くと、いずれ系統の明確な分離(西武→有楽町、東武→副都心)などが必要かなと思っておりました。それを、早くも手をつけるのかと、東京メトロの財務状況の良さを改めて感じますね。都交通局との運営統合に向けて、お金のかかりそうな工事は先に済ませてしまおうということでしょうか。うがりすぎ?

http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE3EBEAEAE2E3EBE2E3E1E3E0...
posted by Uchio at 10:33 | Comment(13) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東京メトロ]小竹向原の平面交差を解消のため新トンネル建設、と日経が報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

[京急]箱根駅伝対応、京急蒲田高架化で様変わり。選手通過時は高架線のみ利用。空港線直通列車は京急蒲田折り返しに

 京浜急行電鉄は、来月3日の「箱根駅伝」開催時(復路)の対応を、前回までのものと大きく変える。京急蒲田駅付近の高架化工事が一部完成したことを受け、選手の通過を優先して電車を止める従来の措置はなくなる。
 箱根駅伝は、毎年1月2、3日に行われ、コース上に京急空港線の踏切があることから、京急では、選手通過時間帯には、特別態勢を敷き、選手が踏切を通過する際には、できるだけ電車を止め、選手の「合間」に電車を運行させる措置をとってきた。しかし、ここ最近、参加チームが大幅に増えて、「合間」ができにくくなり、復路の1月3日には、帰省Uターンラッシュ時にもかかわらず、30分近く電車が運行できない(不通になる)状態も起きていた(=過去記事)。
 2010年5月に京急蒲田駅周辺の高架化工事が一部完成し、上り線が高架化された。2011年の箱根駅伝対応では、1月3日の選手通過時間帯は、この上り線のみを使うことで、踏切対応をなくす。
 この時間帯は、空港線は京急蒲田−羽田空港国内線ターミナル間の区間列車のみとなり、空港線列車は京急蒲田の上り線ホームから発着する。品川や横浜から直通する列車は、すべて京急蒲田折り返しとなる。
 一部高架化後に、京急蒲田を通過となった「エアポート快特」は、この時間帯に限り、京急蒲田に停車する「快特」扱いとなる。
 ちなみに、前回までは、品川方面と空港線を直通する列車は、京急川崎発着に変更になり、空港線延伸前の「往年の姿」をのぞかせる貴重な機会だったが、今回はなくなるようだ。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2010/detail/003165.html
タグ:京急
posted by Uchio at 23:21 | Comment(6) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [京急]箱根駅伝対応、京急蒲田高架化で様変わり。選手通過時は高架線のみ利用。空港線直通列車は京急蒲田折り返しに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR]来春のJRダイヤ改正の発表は明日(17日)か?

 西日本新聞は2011年春の九州新幹線全線開業ダイヤの発表を2010年12月17日に行う、と報じている。毎年春に行われるJRグループの一斉ダイヤ改正は、前年12月中旬〜下旬の金曜日に発表されることがここのところ恒例となっている。
 ということは、今年の発表は17日に行われる可能性が高いかもしれません。
 JR東日本管内では今年12月4日にいち早くダイヤ改正をしていますが、常磐線や南武線など、来春
にも改正を行う線区があり、この詳細も明らかになりそうです。
posted by Uchio at 09:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR]来春のJRダイヤ改正の発表は明日(17日)か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR九州]熊本−大牟田間にも快速導入か。九州新幹線全通後

 熊本日々新聞は、JR九州が、2011年春の九州新幹線全線開業に伴うダイヤ改正で、特急が激減する在来線(鹿児島本線)の熊本−大牟田間に、快速を導入すると報じた。
 記事によると、通過するのは、途中12駅のうち5駅のみ。現在同区間を走る毎時2本の普通のうち1本を快速化する。大牟田または荒尾で、博多方面の快速と接続するという。

http://kumanichi.com/news/local/main/20101214002.shtml

この情報は、京成本線沿線住民さんから教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 09:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR九州]熊本−大牟田間にも快速導入か。九州新幹線全通後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

[JR九州]九州新幹線「さくら」は、全駅に最低上下1本は停車。地元の要請に応じる

 2011年3月に全線開業する予定の九州新幹線のダイヤについて、西日本新聞は、準速達型の種別となる「さくら」が、どの駅にも毎日最低上下1本は停車する、と報じた。
 地元が建設費の一部を負担していることに配慮した、という。特に近接する、新鳥栖と久留米は、「さくら」の停車をめぐって綱引きが繰り広げられてきたが、いずれも在来線との乗換駅であることから、いずれも一定数の停車が見込まれるという。
 また、南日本新聞によると、鹿児島中央発着の新幹線のほとんどは「さくら」で、毎時2本のうち1本は、熊本以南は各駅停車になり、残り1本は熊本以南で途中、新八代と川内のみに停車するという。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/214861
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=28149
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201012090049.html

この情報は、いっきゅーさんよりいただきました。ありがとうございました。

匿名希望さんに間違いを指摘していただきました。「さくら」のうち、各駅停車でないタイプの停車駅は、新八代と川内です。
posted by Uchio at 00:41 | Comment(28) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [JR九州]九州新幹線「さくら」は、全駅に最低上下1本は停車。地元の要請に応じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

[JR西日本]大糸線、氷見線、城端線など「廃止検討」。北陸新幹線開業後の経営「苦しい」

 共同通信や信濃毎日新聞によると、JR西日本の佐々木隆之社長が記者会見で、北陸新幹線開業を控え、大糸線(南小谷以北)、氷見線、城端線などの赤字路線について、廃止や第3セクターなどを含めて地元自治体と検討することを明らかにした。
 北陸新幹線開業後は、並行在来線となる北陸本線・信越本線は、JRから経営分離され、地元県・市などでつくる第3セクターなどが運営する。そのため、北陸本線に接続する「枝線」である、各線の扱いが注目されていた。

http://www.shinmai.co.jp/news/20101202/KT101201ATI090040000022.htm
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120101000907.html

 この情報は、うみほたるさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 09:05 | Comment(27) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]大糸線、氷見線、城端線など「廃止検討」。北陸新幹線開業後の経営「苦しい」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR西日本]関空特急「はるか」6往復を廃止。昼間は毎時1本に。来春の改正で

 JR西日本は、関西空港へのアクセス特急「はるか」について、2011年3月のダイヤ改正で、昼間の6往復を廃止する、と報道各社が報じた。
 「はるか」は、今年3月のダイヤ改正で、昼間の6往復が「臨時便」扱いになり、「当面の間、毎日運行」していた。これを、来春のダイヤ改正で廃止する。「はるか」は、毎時1本になる。
 朝日新聞によると、昼間は代わりに関空快速を増発するという。

http://www.asahi.com/travel/rail/news/OSK201012090043.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101209-OYT1T00697.htm

 この情報は、akiさん、ビゲさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 00:20 | Comment(6) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]関空特急「はるか」6往復を廃止。昼間は毎時1本に。来春の改正で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする