2011年12月25日

[京成]震災後の徐行区間解消。シティライナー以外は元のダイヤへ、9ヶ月ぶり

 京成電鉄は2011年12月23日、東日本大震災以後、ユーカリが丘−うすい(京成臼井)間で行われてきた徐行措置を解除した。これにより26日からは、平日朝の一部列車の区間短縮・種別変更などを終了し、元のダイヤに復帰させる。一般電車については9ヶ月ぶりに元のダイヤに戻る。ただし、震災後大半が運休のままとなっているシティライナーに運休のままだ。
 平日朝には、うすい発着の普通上下各1本が、大和田発着に短縮になり、その影響で同時間帯の特急上り1本が通勤特急に種別変更するなどのダイヤの変更が続いている。

http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/23-054g.html

 この情報は、いっきゅーさんからいただきました。いっきゅーさんには、以前にも、9月の節電ダイヤ明けの記事で、今回の記事の京成の徐行区間のことを指摘してくださいました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 23:43 | Comment(58) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [京成]震災後の徐行区間解消。シティライナー以外は元のダイヤへ、9ヶ月ぶり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

[JR西日本]西九条−大阪間の普通も一部時間帯毎時4本か。福島には快速停車(2012年3月17日ダイヤ改正・6)

 JRグループの2012年3月17日のダイヤ改正で、JR西日本のアーバンネットワーク周辺では、また減便路線が拡大するようだ。
 前回の改正で、一部区間で普通が毎時4本になった大阪環状線。今回はさらにその区間が拡大するとみられる。
 日中の12〜15時台には、ゆめ咲線直通の普通(毎時4本)が削減される。西九条−大阪間の普通はこの時間帯は通常の環状線の毎時4本のみとなりそうだ。今改正を機に福島には快速が停車することになり救済されるが、野田はそのままとなる。
 学研都市線は、日中の松井山手発着の普通(現行は毎時4本)について、長尾発着に短縮される。詳しい時間帯は不明だが、松井山手は毎時4本の快速のみとなる。一方、京田辺への最終列車が20分繰り下がり、京田辺からの始発列車も平日は15分、土休日は12分それぞれ現行より繰り上がる。
 阪和線では、平日早朝の和泉砂川4:52発の上り始発列車が、日根野発に短縮され、当該区間の始発が繰り下がる。
 改善の方向にあるのは奈良線。木津駅での、みやこ路快速と学研都市線・大和路線との接続時間の拡大のために、本数は同じでダイヤのシフトが行われる。
 また、阪和線の快速が、2+1列のクロスシート車(223系または225系)に統一される。

http://www.westjr.co.jp/press/article/items/20111216_kinki.pdf
http://www.westjr.co.jp/press/article/items/20111216_wakayama.pdf
posted by Uchio at 22:39 | Comment(38) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]西九条−大阪間の普通も一部時間帯毎時4本か。福島には快速停車(2012年3月17日ダイヤ改正・6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR東海]東海道線の新駅での待避に救済措置、特別快速2本が幸田に停車(2012年3月17日ダイヤ改正・5)

 JRグループの2012年3月17日のダイヤ改正で、JR東海管内の在来線についての変更点は以下の通り。
 まず、この改正に合わせて、東海道線の岡崎−幸田間に新駅「相見」を設置される。平日朝ラッシュ時にはこの駅での一部の普通列車が待避を行う。その救済措置として、幸田に特別快速2本が停車する。幸田は、快速・新快速・特別快速のそれぞれ一部が停車する駅という扱いになる。
 中央線は平日22時台に下り快速1本が増発。太多線では平日朝に1往復が増発される。一方で、ホームライナー太多は廃止される。
 また、中央線と愛知環状鉄道との直通列車は、土休日はなくなり、平日のみとなる。

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000013606.pdf
posted by Uchio at 22:35 | Comment(23) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東海]東海道線の新駅での待避に救済措置、特別快速2本が幸田に停車(2012年3月17日ダイヤ改正・5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR東日本]首都圏でも末端区間で減便。横浜線、南武線などは増便(2012年3月17日ダイヤ改正・4)

 JRグループの2012年3月17日のダイヤ改正で、JR東日本は首都圏各線について、線区によって増発を行う一方で、一部区間については減便を行うことを発表した。
 ここ数年、関西を中心に普通列車の減便が続いているが、JR東日本がリリースではっきり宣言したのは異例。
 普通列車の減便が示されているのは、東海道線の国府津以西、横須賀線の逗子以南、伊東線の全線。減便の規模についてはリリースにはない。JR西日本は関西圏でも本数削減に積極的で、改正時には減便となる列車の時刻も含めて丁寧な案内しているが、JR東日本がいつごろ明らかにするのかは不明だ。また、神奈川新聞によると、御殿場線と東海道線の直通列車がなくなるという。
 一方、増発となるのは、横浜線や南武線など。
 横浜線で、平日の15〜16時台に毎時1本、19時台に2本、それぞれ増やす。15時台の1本は快速で、快速運転時間帯が若干延長される(リリースには下りのみの記載しかないが、上りも同様と思われる)。
 南武線では、平日夜間に登戸発着と稲城長沼発着の各1往復が、それぞれ立川発着に延長される。
 八高線では、平日朝に八王子−拝島間が1往復増発。
 成田線では、夕方・夜間に成田空港−千葉間の普通2往復が増発される。
 中央線では、平日上りの中央ライナーが、東京まで延長される。また、青梅ライナーともども所要時間7〜8分が短縮される。
 ホビダスによると、京浜東北線では平日15時台に、東十条発着の1往復が、南浦和発着に延長される。
 ダイヤ改正に合わせて、武蔵野線に吉川美南駅が開業する。この駅は、2面3線で折り返し設備があるが、今回のダイヤでは始発終着列車は設定されないようだ。


http://www.jreast.co.jp/press/2011/20111211.pdf
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20111216/20111216_info02.pdf
http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20111216daiyakaisei.pdf
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1112160030/
http://rail.hobidas.com/news/info/article/130810.html
posted by Uchio at 10:28 | Comment(23) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]首都圏でも末端区間で減便。横浜線、南武線などは増便(2012年3月17日ダイヤ改正・4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

[JR東日本]「なすの」にもグランクラス。「成田エクスプレス」「草津」など減便(2012年3月17日ダイヤ改正・3)

 JRグループの2012年3月17日のダイヤ改正で、JR東日本は管内の改正内容を発表した。最初に、新幹線・在来線優等列車について。
 東北新幹線系統では、E5系「はやぶさ型」が4編成増備されて全部で10編成となることを受け、運用上の都合と思われるが「なすの」の2往復が、E5系で運転されることになる。ただし、「なすの」では「グランクラス」は、アテンダントが乗車せず、飲食のサービスなどが省略される。そのため、通常のグランクラスより2000円低い、なすの用の「グランクラス料金」が設定される。
 このほか、「はやて」は15往復中7往復がE5系での運転となる。
 在来線では、「成田エクスプレス」の運転区間を短縮する。東京−成田空港間の本数は変わらないものの、横浜系統が3往復、新宿系統が2往復減る。一方で、成田空港−千葉間の普通列車を夕方以降に2往復増発する。同区間の普通列車は現在は朝の1往復のみだが、増えることになる。
 また「草津」は1号、6号を廃止し、1往復の削減となる。平日朝の渋川始発の「あかぎ」がなくなり、新前橋での増結になる。
「スーパーひたち」に、E657系が導入され、上野−いわき間が最大9分短縮される。

http://www.jreast.co.jp/press/2011/20111211.pdf
posted by Uchio at 12:09 | Comment(33) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]「なすの」にもグランクラス。「成田エクスプレス」「草津」など減便(2012年3月17日ダイヤ改正・3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

[小田急]土休日も小田原発着の快速急行を運転。途中駅の解結はついに全廃。JRと同日にダイヤ改正

 小田急電鉄は2012年3月17日、ダイヤ改正を行う。JRのダイヤ改正と合わせたものだが、土休日に小田原系統の快速急行を運行するなど、複々線化完成後を見据えたと思われる内容もみられる。
 今改正で、途中駅での解放・連結(解結)が完全に廃止される。2008年の改正で大幅に減少していたが、今回の改正で完全になくなる。
 小田原系統の快速急行は、現在平日日中に毎時1本走っているが、土休日にも毎時1本運行される。小田原系統の急行も減便されると思われるが、リリースにはその記述はない。一方で、上りのみ町田始発新宿ゆきの急行が毎時1本運転されるという。
 ロマンスカーは大きな変更がある。まず、快速急行の設定を受けて、土休日日中のロマンスカーが毎時4本から3本に減る。
 一方、ここのところ減便が続いてきた「えのしま」は、大幅に増便となる。土休日は日中および夕方以降(「ホームウェイ」含む)は毎時1本が運転される。
 平日早朝上りのロマンスカーが2本増発されるほか、夕方以降の「ホームウェイ」の運転区間と発車時刻が規則化される。
 「メトロはこね」が平日にも運転されるようになり、さらに全列車が成城学園前に停車する。
 「あさぎり」は、JR側の車両引退に伴い、御殿場発着に短縮された上、MSE6両での運行となる。また、「えのしま」との併結運転も行う。町田が通過になり、一方で、新百合ヶ丘、相模大野、秦野が追加される。

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/6813_2421858_.pdf

この情報は、鏡月ピピさんからいただきました。ありがとうございました。ついにJRダイヤ改正が発表になりましたが、意外にも小田急が本気の改正をしてきたので、先にこちらを載せます。
posted by Uchio at 23:18 | Comment(55) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [小田急]土休日も小田原発着の快速急行を運転。途中駅の解結はついに全廃。JRと同日にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JRグループ]「日本海」だけでなく、「きたぐに」も廃止。(2012年3月17日ダイヤ改正・1)

 JRグループ各社は、来春の一斉ダイヤ改正の内容を発表した。改正日は、2012年3月17日。
 風前の灯の夜行寝台列車は、すでに報じられていた「日本海」のほかに、急行「きたぐに」が廃止になる。リリースによると、いずれも多客期には臨時列車として運転するというが詳細は不明。「きたぐに」の廃止で、583系電車による定期夜行寝台列車がなくなる。また、他の記事のコメントにて、通りすがりの京成メイツさんが書かれていた通り、開放型のA寝台が、定期列車から消滅する。
 個人的な話で恐縮ですが「きたぐに」廃止はショックです。昨秋、オフシーズンの平日に乗りましたが、A寝台下段は満席、B寝台下段もそこそこの乗車だったのですが、やはり、583系の維持のコストは相当のモノだったのでしょうか。
     ◆
 詳細はこれから少しずつ記事を追加していきます。情報提供欄にて、いっきゅーさんや名無しさんから、各社のリリースについて、数多くのお知らせをいただきました。ありがとうございます。
posted by Uchio at 22:49 | Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JRグループ]「日本海」だけでなく、「きたぐに」も廃止。(2012年3月17日ダイヤ改正・1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

[JRグループ]まもなく来春のダイヤ改正発表か

 JRグループ各社は毎年、一斉ダイヤ改正を行っているが、例年通りであれば、まもなく内容が発表される。
 JRはここ数年、毎年3月に行われる一斉ダイヤ改正の内容を、前年の12月中旬の金曜日午後に発表し、リリースを公開している。今年でいうと、12月16日か12月22日(23日が祝日のため)に発表される可能性が高いとみられる。
 すでに、寝台特急「日本海」の廃止については、報道されており、来春もグループ全体の改正があることは間違いなさそうだ。
posted by Uchio at 20:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JRグループ]まもなく来春のダイヤ改正発表か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする