2012年01月26日

[阪神]阪神なんば線、平日も快急が通過運転。野田に区特が停車。3/20にダイヤ改正

 阪神電鉄は、2012年3月20日にダイヤ改正を行う。
 阪神なんば線では、平日日中の快速急行の線内各駅停車をとりやめ、他の時間帯や土休日と同じように、大物−千鳥橋間を通過する。所要時間は平均5分短縮される。
 代わりに、この時間帯に、ほぼ同じ本数の各駅停車を運行する。なお、近鉄のリリースによると、難波発着の区間準急が尼崎まで延長するとあり、現行の土休日のような「区間準急」+東花園発着の「各駅停車」となる可能性もある。
 このほか快速急行の変更点としては、土休日朝の上り3本が、三宮発着から新開地発着に延長される。三宮−新開地間は各駅に停車する。また、土休日の最終が、上下ともに20〜30分繰り下げられる。
 本線では、区間特急が新たに野田に停車する。

http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/SR201201206N1.pdf

この情報は、ぴんからさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:阪神 近鉄
posted by Uchio at 20:58 | Comment(118) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [阪神]阪神なんば線、平日も快急が通過運転。野田に区特が停車。3/20にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

[近鉄]特急も再編。名阪特急の全列車が津に停車。京都線で奈良・橿原両系統を併結。毎時1本程度減便か。3/20にダイヤ改正

 2012年3月20日の近鉄の全面ダイヤ改正について、一般列車についてはこちらにまとめたが、ここでは特急についてまとめる。
 まず、名阪特急では、全列車が津に停車する。また、大和八木に停車する列車も増える。これにより、近鉄名古屋−鶴橋間がノンストップの列車はなくなる。新たに津に停車する特急は、桑名、近鉄四日市、白子にも停車する特急と接続するという。
 京都線は、日中に京都−近鉄奈良間の特急と、京都−橿原神宮前間の特急の併結運転を始める。大和西大寺で解結を行う。そのため、京都−大和西大寺間の特急は12本減となる。おそらく、日中は毎時4本から3本に減るものと思われる。
 京都−賢島間の特急が4本減る。京都−鳥羽・賢島間の特急の全列車が、五十鈴川に停車する(現行は一部のみ)。
 また、高の原の一部停車が拡大する。朝は京都ゆきが新たに停車するほか、夕方の京都発特急の停車時間帯が長くなる。西ノ京は、現行の土休日に加えて新たに平日日中の特急(京都−橿原神宮前間)が停車する。
 京都発22:00の近鉄奈良ゆきが、橿原神宮前ゆきになり、同方向の最終となる。折り返しの23時台の橿原神宮前発大和西大寺ゆきも新設される。
 奈良線では、朝の最混雑ピーク時に特急が新設される。大和西大寺発7:30の大阪難波ゆき。
 南大阪線では、平日日中の大阪阿部野橋−橿原神宮前間の特急のうち、4本が廃止され、2本は吉野発着に延長される。また、古市に朝と夜間の特急の一部が停車する。

http://www.kintetsu.jp/news/files/daiyahenkoH24.pdf

前の記事にたくさんのコメントをいただきありがとうございます。また間違いなどありましたら、お知らせください。

(1/23 23:20 さっそく駅名の表記ミスがありました。コメント欄で指摘していただきありがとうございました)
タグ:近鉄
posted by Uchio at 20:38 | Comment(35) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [近鉄]特急も再編。名阪特急の全列車が津に停車。京都線で奈良・橿原両系統を併結。毎時1本程度減便か。3/20にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

[近鉄]「大規模減量」ダイヤついに発表。大阪線快急の停車駅変更。名古屋線は急行毎時1本増。ダイヤ改正は3/20

 近畿日本鉄道(近鉄)は、2012年3月20日に、大規模なダイヤ改正を行う。利用状況に応じて、多くの線区で減便や区間短縮などが大々的に行われる「輸送効率化」だ。近鉄については、2年ほど前から、大幅な経費削減のための抜本的なダイヤ改正を行うと報じられており、内容が注目されていたが、それがついに明らかになった。まず、この記事では一般列車についてまとめる。

 大阪線では、快速急行が区間快速急行と統合されて停車駅が変更になる。室生口大野、赤目口が追加される一方で、伊賀上津、西青山、東青山が通過となる。これにより、区間快速急行は消滅する。新たに通過となる3駅のために、東青山−伊勢中川間の普通の一部が青山町まで延長される。一方で、東青山−伊勢中川間の普通は減便となる。日中の青山町発着の急行の半数程度にあたる15本(土日は17本)、名張発着と短縮される。
 また、区間準急が新設される。停車駅は近鉄八尾以東の全駅。日中の準急がほぼ全便、区間準急に置き換わるものとみられる。

 京都線系統では、日中の天理発着の急行が削減される。また、近鉄奈良発着で京都市営地下鉄直通の急行の半数が削減される。
 橿原神宮前発着の普通の一部、おそらく時間あたり1本、新田辺発着に短縮される。
 平日日中時間帯に、西ノ京に急行が停車する(現行では土休日日中のみ)

 名古屋線では、日中に近鉄四日市発着の急行を12本(おそらく毎時1本程度)増発する。リリースを総合するに、準急が代わりに毎時1本程度廃止されると見られる。残る準急(毎時1本)は、現在では富吉発着だが、近鉄四日市発着に延長される(ただし、同じ本数の普通が富吉発着に短縮されるので本数に変化はない)。また、富吉発着の準急については、日中以外にも大多数(平日27本、土休日31本)が廃止される。
 また、日中の伊勢中川発着の急行はほぼすべて松阪発着に延長される。また、伊勢中川発着の普通の一部が、津新町発着に短縮される。
 湯の山線、鈴鹿線でも普通が減便となる。発表された減便本数をみると、日中は20分ごとから30分ごとになる可能性がある。

 南大阪線では、平日夜間の古市−橿原神宮前間の急行が削減される。
 道明寺線は平日・土休日、御所線は平日のみでそれぞれ日中の普通が削減される。本数からすると、20分ヘッドが30分ヘッドになる可能性がある。

 ここから私見。一時は、準急が全廃されるのではないか、といった報道もありましたが、全体としては当初言われていたほどの規模ではなかったかなという印象です。ただ、まだ詳しい時刻などがわかっていませんので、時刻表の発売を待ちたいですね。

http://www.kintetsu.jp/news/files/daiyahenkoH24.pdf

 この情報は、おしゃべりマシーンさんからいただきました。ありがとうございました。

(1/22 10:00追記:伊勢中川発着の急行が松阪発着になる件で、「短縮」と書いていましたが、「延長」の誤りでした。あと、松阪の表記もミスしてました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました)


タグ:近鉄
posted by Uchio at 21:07 | Comment(69) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [近鉄]「大規模減量」ダイヤついに発表。大阪線快急の停車駅変更。名古屋線は急行毎時1本増。ダイヤ改正は3/20 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

[JR東日本]田町−品川間の新駅は線路別2面4線。品川駅は1面分減少。工事会社のIR資料に計画図面

 この記事は、別の記事のコメント欄に寄せていただいた情報を調べたもので、決して新しいニュースではありません。しかし、この話題を考える上では大事な事柄だと思いますので記事にします。

 JR東日本が、山手線・京浜東北線の品川−田町間に新駅設置を準備している件で、鉄道各社の電気工事を請け負う「日本電設工業」が、2010年秋に決算資料として公開した書類に、新駅のものと思われるホームの位置と、設置後の配線図を掲載していた。現在、同社のHPに掲載されている資料は差し替えられておりこのデータはないが、公開直後にこの話題をまとめたサイトに、そのデータが転載されている。
 それによると、再開発予定地を捻出するために、田町車両センターが縮小されたあと、それに合わせて山手線と京浜東北線の線路は、現在よりも約100メートル東に移設される。新駅は、その線路上で、おおよそ京急・都営の泉岳寺駅から東に約200メートルの場所に設置される。山手線と京浜東北線の複々線を方向別にするための立体交差部分は、現在とほぼ同じ位置になり、それよりも新駅は品川寄りのため、ホームは2面4線ながら、品川駅と同じで線路別複々線のホームとなる。
 品川駅は、現在の5・6番ホーム(東海道線上り)が廃止されて、東海道線は臨時ホームを含めた4面8線から、3面6線になる。ホームが減った分に合わせて、京浜東北線・山手線のホームがそれぞれ東側に移動する。山手線よりも西側にある京浜急行にも影響があるものと思われる。

 もちろん、2010年時点のデータですので、今は変更点があるかもしれませんが、三鷹−立川間の高架化工事など、JR東日本の鉄道工事の多くを請け負う会社から発表されたデータだけに、その時点での信憑性はそれなりのものだったと思われます。

▼データを転載したサイト
http://ksc594.blog41.fc2.com/blog-entry-528.html
▼同社のHP。データが掲載されていたのは19ページだが、今は載っていない。現在の資料では、19ページは、他のページと異なり1つの話題で1ページを独占しており、「差し替えによる削除」があったことを窺わせる
http://www.densetsuko.co.jp/investor/pdf/tanshin/2011/20101119_kessansiryo.pdf

コメントしてくださった非事情通さん、ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:55 | Comment(25) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]田町−品川間の新駅は線路別2面4線。品川駅は1面分減少。工事会社のIR資料に計画図面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

[JR東日本]山手線新駅、いよいよ発表近い? 日経に続き、各紙報じる

 読売新聞ほか各マスコミは、JR東日本が山手線・京浜東北線の品川−田町間に新駅を設置する、と報じた。
 2013年の完成を目指して建設中の東北縦貫線(仮称)が開通すれば、同区間にある田町車両センターが縮小でき、その跡地を使っての再開発が可能になる。
 読売新聞によると、新駅は再開発と同時に着工される予定で、早ければ2013年度中に工事が開始される。開業時期についてははっきり触れている記事は見あたらないが、1971年の西日暮里駅新設から「約40年ぶり」とした記事が多い。
 同区間の新駅構想は、日経新聞が2003年に報じている。2010年代に開業とあり、その記事にも「40年ぶり」との見出しがついていたようだ。
 さて、私見。まだ正式な発表ではないようですが、いよいよ日経以外も記事にしたということは、発表も近いのかもしれません。駅の設置箇所と名前が気になります。個人的には泉岳寺がピンと来ますが、名前の元となったお寺としての泉岳寺側が、東京都を相手取って駅名への使用の中止を求める裁判を起こした(泉岳寺側の敗訴で確定)そうなので、JRは気を遣って別の名前にするかもしれませんね。

http://www.yomiuri.co.jp/otona/railwaynews/04/tokyo/20120104-OYT8T00503.htm
posted by Uchio at 21:30 | Comment(39) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]山手線新駅、いよいよ発表近い? 日経に続き、各紙報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする