2012年11月05日

[京王]「抜本的」ダイヤ改正を発表。橋本特急再び。区間急行登場。準特急は北野以西、快速は調布以西で各停化。井の頭線は日中増便

 京王電鉄は、今年度中におこなうと予告していた「抜本的」ダイヤ改正の内容を発表した。ダイヤ改正日は、2013年2月22日。

 まず、種別の新設や停車駅の変更(追加)から。
 相模原線にも特急が設定される。区間は新宿−橋本で、停車駅は、新宿、明大前、調布と調布からは現行の急行と同じ停車駅。以前存在した特急は、相模原線内の途中停車駅は多摩センターのみだったが、今回はこまめにとまる。
 本線(京王線)の特急は、停車駅に分倍河原、北野が追加となり、現行の準特急と同じになる。
 一方、準特急は高尾線のみの設定となり、北野以西は各駅停車となる。
 通勤快速は、停車駅そのままで「区間急行」に置き換わり、日中にも運転されるようになり、
 快速は、調布以西が各駅停車となり、西調布〜多磨霊園にも停車する。

 運行については、リリースで明らかになっているのは以下の通り。
 相模原線特急は、日中(土休日は朝)から夜間まで20分毎の運転。平日早朝にも上り列車が2本設定される。
 京王線下りの終電が繰り下げられる(詳細は不明)。また、特急は0時台にも設定される(現行の準特急は、22時台で終了)。

 一方、井の頭線は、日中の毎時運行本数を急行6、各停6の計12本から、それぞれ8本の計16本に増発する。また、平日早朝の上りに急行を2本新設する(現在は急行は9時以降に運転)。

 ここから私見。いよいよ発表されましたね。橋本特急の運転間隔をみると、20分パターンが継続すると思われます。また、日中に区間急行が走ることも確実です。と、考えると、日中の運転系統は以下のような感じでしょうか。

 特急 新宿−京王八王子
 特急 新宿−橋本
 準特急(特急?) 新宿−高尾山口
 区間急行 (都営線内急行?)−橋本
 快速 新宿−高尾山口
 各停 新宿−京王八王子
 各停 新宿−橋本
 各停 東府中−競馬場正門
(いずれも20分ごとに1本)

 快速や区間急行を、調布以西各停にすることで、調布発着の各停を廃止することができる。それこそが、今回のダイヤのミソではないか、と推測します。調布以東の特急系列車が毎時9本になりますが、これを現行通り6本に抑えたままにすると、本線のサービスが相当劣化するので、それはさすがにしないのでは、と。

http://www.keio.co.jp/news/backnumber/news_release2012/nr121105_diagram.pdf

この情報は、granpaさん、ひろっぴさん、SeriesN1000さんほかから教えていただきました。ありがとうございました。
タグ:京王
posted by Uchio at 21:45 | Comment(150) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [京王]「抜本的」ダイヤ改正を発表。橋本特急再び。区間急行登場。準特急は北野以西、快速は調布以西で各停化。井の頭線は日中増便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする