2013年01月24日

[東武]東上線に急行より上の「快速」新設、日中毎時2本。複々線区間の普通は大幅減。(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・10)

 東武鉄道は、2013年3月16日の東京メトロ副都心線と東急線などとの直通運転開始にあわせた、東上線系統のダイヤ改正の内容を発表した。急行よりも上位となる「快速」の運転を開始するなど、日中のパターンを一新する。ただ、東京メトロとの直通はさらに減便させるなど、西武と比べて明らかに自社線ルートに強いこだわりをみせている。
「快速」の停車駅は、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山以遠各駅。日中の優等列車は、快速が毎時2本、急行が4本、準急が2本となり、急行が15分間隔で、間に快速または準急が挟まるかたちだ。現行は急行12分毎、準急が20分毎という若干複雑なパターンだが、わかりやすくなる。
 一方、東京メトロとの直通は日中は削減される。副都心線直通(副都心線内急行)、有楽町線直通がそれぞれ毎時2本ずつとなる。
 また、池袋発の普通列車は毎時8本だが、うち6本が成増折り返しに短縮される。このため、複々線区間の普通は、地下鉄と合わせて毎時6本と大幅に減る。朝霞は準急も含めて現行では毎時13本が停車するが、8本になる。
 午前中に上り「快速急行」の運転を開始する。平日は2本、土休日は3本。
 有料着席制のTJライナーも平日1本、土休日は2本を増発する。また、現行の森林公園ゆき列車を延長し、全列車を小川町ゆきとする。

(東急、東京メトロ副都心線についての記事は、こちら
(西武、東京メトロ有楽町線についての記事は、こちら


<公式リリース>
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/c7cfc5e0d2ab2b958ced14b7ebee4fc1/130122.pdf?date=20130122145138
posted by Uchio at 10:16 | Comment(123) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東武]東上線に急行より上の「快速」新設、日中毎時2本。複々線区間の普通は大幅減。(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[西武][メトロ]池袋線の日中の快速急行は副都心線直通に。副都心線の急行は日中以外は格下げ(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・9)

 西武鉄道、東京メトロは、2013年3月16日の東京メトロ副都心線と東急東横線などとの直通運転開始にあわせたダイヤ改正の内容を発表した(この記事では、西武池袋線系統と東京メトロ有楽町線、副都心線の池袋以北についてまとめます)。

 西武池袋線系統では現在、日中の副都心線直通優等は快速だが、これを快速急行とする(副都心線内急行、東急線内特急)。メトロ直通の快速急行については、練馬、新桜台にも停車する。代わりに池袋発着の現行の快急は、急行に格下げになる。
 西武球場での野球開催日には、元町・中華街発の西武球場前ゆきも運転される(デーゲーム2本、ナイター1本)。
 また、西武有楽町線の始電を繰り上げ、終電を繰り下げる。
 地下鉄直通以外では、平日朝ラッシュ時に石神井公園始発の上り各停を4本新設する。代わりに、豊島園始発列車が減便になる。

 東京メトロ副都心線では平日、日中以外の急行がすべて「通勤急行」に格下げとなる。また、日中については、現行では毎時12本ながら運転間隔がバラバラの地下鉄成増−氷川台間が、リリースによると「約6分の等間隔」になるとあり、毎時10本になるものと思われる。減った2本分は、西武線直通になるとみられるが詳細は不明。
 平日朝に千川始発の東横線方面直通が2本新設される。
 有楽町線では、平日朝ラッシュ時に池袋始発の新木場ゆきが、3本新設される。なお、2012年度の事業計画で、今年度中の利用開始がうたわれていた豊洲駅の折り返し線については、今回のリリースでは特に触れられていない。


<公式リリース>
http://www.tokyometro.jp/news/2013/pdf/metroNews20130122_1306.pdf
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2013/01/22/20130122diagram.pdf

この情報は、Lokiさん、akiさん、SeriesN1000さんなど多くの方からいただきました。ありがとうございました。

(東急、東京メトロ副都心線についての記事は、こちら
(東武東上線についての記事は、こちら
posted by Uchio at 10:14 | Comment(130) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [西武][メトロ]池袋線の日中の快速急行は副都心線直通に。副都心線の急行は日中以外は格下げ(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・9) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

[メトロ][東急]東横=副都心線直通ダイヤの詳細発表。新宿三丁目折り返しが日中毎時2本。東横線渋谷始発はほぼ各停のみ(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・8)

 2013年3月16日の東京メトロ副都心線と東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線の直通運転開始にともなう、ダイヤ改正の詳細が、東急と東京メトロ、横浜高速鉄道から発表された(東武東上線、西武線、東京メトロ有楽町線に関する内容は別記事にします)。
 運行本数などダイヤの主な方針については、以前に発表されていたが、今回は若干詳細な内容だ
 副都心線内では、東武・西武に直通する急行・各停の本数は現行通りだが、新宿三丁目の折り返し設備を使った、同駅発着の東急線方面の区間列車が運行され、この分が増発となる。平日日中・土休日に毎時2本、平日夕ラッシュ時は毎時3本で、いずれも各停。
 東急線の運行本数などは以前の発表通りだが、渋谷発着の列車が明らかになった。平日深夜と土休日夜間に、急行がそれぞれ6本設定される。それ以外はすべて各停。日中の急行は、副都心線直通(副都心線内は各停)となり、上り列車は東新宿で後続の特急(副都心線内は急行)の通過待ちをする。
 平日日中・土休日の渋谷発着の各停は毎時4本だが、横浜高速鉄道のリリースと照らし合わせると、うち2本は菊名折り返しとなることがわかる。
 朝ラッシュ時、東急線からの池袋ゆきと、千川始発の東急線方面ゆきがそれぞれ設定される。池袋から千川までは回送運転をするものとみられる。
 なお、副都心線側には「渋谷発着」の列車はなく、全列車が東急直通となる。
 また、従来の発表の通り、東京メトロ日比谷線と東急東横線の直通運転は廃止される。

▼各社のリリースをもとにまとめた東横線・副都心線の日中の運行パターン

元町・中華街<特急>渋谷<急行>小竹向原<快速急行>(西武)飯能 2本/h
元町・中華街<特急>渋谷<急行>和光市<普通>(東武)川越市 2本/h
元町・中華街<急行>渋谷<各停>和光市※ 4本/h
元町・中華街<各停>和光市※ 2本/h
元町・中華街<各停>(西武)石神井公園?※ 2本/h
元町・中華街<各停>新宿三丁目※ 2本/h
元町・中華街<各停>渋谷 2本/h
菊名<各停>渋谷 2本/h

 ※副都心線各停は和光市折り返し6本、西武線直通2本、新宿三丁目折り返し2本と発表されている。東横線急行を和光市発着としているのは当サイトの予想

http://www.tokyometro.jp/news/2013/pdf/metroNews20130122_1306.pdf
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130122.pdf
http://www.mm21railway.co.jp/topics/pdf/20130122press.pdf

この情報は、kazupi旅客鉄道さんほかからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 14:44 | Comment(102) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [メトロ][東急]東横=副都心線直通ダイヤの詳細発表。新宿三丁目折り返しが日中毎時2本。東横線渋谷始発はほぼ各停のみ(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

[京王][都営]特急は日中9本、本線特急は変化なし。深夜帯は12分毎に特急。都営は「全面的な改正」見送りか。2/22の新ダイヤ続報

 京王電鉄は、2013年2月22日に行う「抜本的な」ダイヤ改正について、続報を発表した。
 前回の発表では、相模原線の「特急」復活を掲げていた一方で詳しい説明がなかった本線(京王線)系の準特急(改正後は特急)について、今回のリリースで明らかになった。ほぼ現行通りで、日中の20分パターンの中で、相模原線特急毎時3本、本線特急毎時6本の計9本となる。
 今回のリリースでは、平日12時台の新宿発の特急の発車パターンが掲げられており、00、20、40分が京王八王子ゆき。09、29、49分が橋本ゆき、11、31、51分が高尾山口ゆきで、橋本ゆきと高尾山口ゆきが続行運転する。
 一方で、日中のそれ以外の列車については明らかにしていない。ただ、特急9本が確定すると、相模原線発着の区間急行3本があり、残りは快速3本と各停6本を本線と相模原線で分け合う形になるものと思われる。
 また、深夜帯の強化については、高幡不動ゆき最終を、現行の0:18発(新宿発、以下も同じ)急行から、0:25発特急に繰り下げる。また、特急の運転時間も拡大し、平日は22:48以降、土休日は22:00以降、12分毎に特急を運転する。各停の終電も繰り下がり、0:30発若葉台ゆきが設定される。
 井の頭線についての新情報として、終電繰り下げの具体的な時刻が明らかになった。平日については渋谷発時点で、富士見ヶ丘ゆきが5分、吉祥寺ゆきが6分、それぞれ繰り下がる。
 なお、東京都交通局も同日に都営新宿線のダイヤを「一部変更」すると発表した。都交通局が2010年に発表した経営計画では、京王線の調布付近地下化にあわせて、ダイヤを「全面的に改正」するとしていたが、今回のリリースでは「一部列車で、時刻・行き先・種別・両数が変更」とのみ発表された。この文言はこれまで、自社線内はほとんど変化がなく、乗り入れ先での変更がある場合に使われており、当時予定されていた「全面的な改正案」が今回は採用されなかった可能性が高そうだ。

<公式リリース>
http://www.keio.co.jp/news/backnumber/news_release2012/nr130118_newdiagram.pdf
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2013/sub_i_201301184064_h.html

この情報は、akiさんから教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 16:17 | Comment(138) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [京王][都営]特急は日中9本、本線特急は変化なし。深夜帯は12分毎に特急。都営は「全面的な改正」見送りか。2/22の新ダイヤ続報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

[京阪]中之島線は日中ついに普通のみに。特急以外の日中パターンが変更。「おりひめ」「ひこぼし」消滅(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・7)

 京阪電鉄は2013年3月16日、ダイヤ改正を行う。日中の急行・準急・普通の運転パターンが変わるほか、中之島線の優等が大幅に減る。
 現行ダイヤでは、淀屋橋発着の急行が毎時4本、中之島発着の準急が毎時2本だが、改正後は淀屋橋発着の急行(樟葉折り返し)と準急が20分毎(毎時3本)となる。これにより、日中は中之島発着の優等列車がなくなり、代わりに普通はすべて中之島発着(半数は萱島折り返し)となる。特急は、毎時6本で現行通り。
 そのほか、朝ラッシュ時には、通勤準急の運転時間帯が短縮され、2本が準急に変更になる。 淀駅の工事の進捗で、朝・夕ラッシュ時の樟葉発着の急行・準急の一部が、淀まで延長される。
 中之島線は日中以外にも優等が減らされるようだ。まず、土休日朝、出町柳発の下り快急中之島ゆきが、淀屋橋ゆきに変更になる。
 また、交野線から本線に向かう通勤快急「おりひめ」、快速急行「ひこぼし」は姿を消す。前回、2011年5月の改正で、それぞれ1本まで削減されたが、今回の改正で全廃となる。
 さらに、リリースでは「ご利用の少ない列車の削減」と挙げているが、具体的な詳細は不明だ。

http://www.keihan.co.jp/info/upload/2013-01-17_train-diagram.pdf

 この情報は、Lokiさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 22:40 | Comment(64) | TrackBack(2) | ニュース はてなブックマーク - [京阪]中之島線は日中ついに普通のみに。特急以外の日中パターンが変更。「おりひめ」「ひこぼし」消滅(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

[JR西日本]可部線「廃止区間の一部復活」はまもなく最終合意、と中国新聞が報じる

 中国新聞は2003年元旦に、JR可部線で2003年に廃止された区間の一部分を、電化して復活させる計画について、JR西日本と広島市などがまもなく最終合意する、と報じた。今年度中に着工し、2015年の運行開始を目指すという。
 計画に上っている区間は、可部駅から旧・河戸駅近辺にかけての1・6キロ。旧・河戸駅の近くと、途中の安佐北区役所付近に駅を設ける。
 2年ほど前から市やJR西日本が整備の準備を進めていたが(過去記事)が、踏切の設置場所をめぐって、市と住民らの協議がまとまらず、難航していた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201301010067.html

この情報は、くろださんから寄せていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 18:39 | Comment(14) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]可部線「廃止区間の一部復活」はまもなく最終合意、と中国新聞が報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

[JR東日本]中央線グリーン車導入も「一つの方法」、社長が週刊誌インタビューで発言

 JR東日本の冨田哲郎社長が、週刊誌「エコノミスト」のインタビューに応じ、料金体系の多様化が必要だとして、「グリーン車を中央線にも入れて、着席サービスを広げることも一つの方法」と述べた。
 JR東日本は昨年10月に発表された中期経営計画で、中央線の着席サービス展開を掲げているが、今回はさらに具体的な内容に踏み込んだ発言。あくまで「一つの方法」としているが、ここ数年、宇都宮線、高崎線、常磐線と着実にサービス線区を広げているだけに、現実味のある内容でもある。
 同じインタビューでは、中期経営計画でも触れられていた、新駅設置については「新駅で街自体の価値が高まる可能性がある所には積極的に作っていきたい」と語っている。

 中央線についての具体的な発言部分は以下に引用。

── 料金体系ももっと自由に?
冨田 なるでしょうね。安く乗りたい人もいれば、高くても快適さを求める人もいます。料金体系の多様化は必要だと考えています。すでに時期や列車によって料金を下げていますが、さらに弾力的にすることも検討します。東海道線、東北線などにあるグリーン車を中央線にも入れて、(有料の)着席サービスを広げることも一つの方法です。車両が増えるので、ホームの延伸が必要になるという課題はありますが。

 ここから私見。少子高齢化で混雑率が下がってきているとは言え、さすがに、10両の中に組み込むという考えは前提としてないのですね。
「課題」として挙がっているホーム延伸や、挙がってませんが必要であろう閉塞システムの調整(場合によっては最混雑時に多少の減便もありうる?)については、まったくの絵空事ではなく、何らかの目処がついているからこそ、こうした話になっているような気がします。

(週刊エコノミストのインタビュー記事)
http://mainichi.jp/feature/news/20121221org00m020010000c.html

SHINOさんが、別の記事のコメント欄で書いていただいた情報を、記事にしました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 23:17 | Comment(84) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]中央線グリーン車導入も「一つの方法」、社長が週刊誌インタビューで発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

[JR西日本]京都・神戸・宝塚線では朝ラッシュ時も減便。朝夕の新快速は増発(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・6)

 JR西日本は、JRグループ一斉の2013年3月16日ダイヤ改正の内容を発表した。ここ数年、京阪神エリア(アーバンネットワーク)でも、利用状況に応じた減便が進められている(過去記事=2011年2012年)が、今回は朝ラッシュ時についても見直しが入った。
 JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線では、朝ラッシュのピーク帯に運転間隔の見直しを行い、快速や普通がそれぞれ1本ずつ減便となる(宝塚線は快速1本のみ)。
 閑散時間帯の見直しも進む。JR京都線(東海道線)の平日11〜14時台は、京都発着の普通毎時2本が廃止となる。これにより、高槻−京都間の各駅は、快速(高槻以東は普通)のみの毎時4本となる。大阪−高槻間の快速通過駅も毎時6本となる。
 土休日も午後は同様に京都発着の普通が廃止になるが、一方で午前中は増便され、高槻−京都間の各駅は毎時8本になる。
 JR宝塚線では、土休日の丹波路快速が朝下り2本、夜上り1本増発になり、代わりに同本数の普通が減便となる。
 225系の増備により、JR京都線・JR神戸線(東海道線)の新快速が充実する。JR神戸線では、平日夕方に下り2本、早朝に上り1本が増発される。また、12両で運転される時間帯が大幅に拡大される。

http://www.westjr.co.jp/press/article/items/121221_00_kinki.pdf

この情報は山手線さん、SeriesN1000さんほかから寄せていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:18 | Comment(17) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]京都・神戸・宝塚線では朝ラッシュ時も減便。朝夕の新快速は増発(2013年3月16日・一斉ダイヤ改正・6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする