2013年03月21日

[小田急]複々線使用開始は「2017年度」を目標。事業期間延ばす

 小田急電鉄は、梅ヶ丘−東北沢間の複々線化事業の期間を延長し、複々線の使用開始を2017年度を目標とすると発表した。以前は複々線化完成を、2013年度としていた。
 朝日新聞の取材記事によると、緩行線のトンネルも一部区間ではほぼできあがっている様子で、延長にいたった理由などは不明だ。

<公式>
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7934_4502300_.pdf
<朝日新聞記事>
http://www.asahi.com/and_M/interest/gallery/201303odakyu2/

この情報は、mnさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:小田急
posted by Uchio at 20:01 | Comment(58) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [小田急]複々線使用開始は「2017年度」を目標。事業期間延ばす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

2013年3月16日一斉ダイヤ改正のまとめ

 本日、2013年3月16日、JRグループや大手私鉄各社が一斉にダイヤ改正をしました。鉄道ダイヤ改正ニュースが配信してきた記事を、会社別に紹介します。
 なお、近鉄各線はあす3/17(けいはんな線は3/23)、大阪市営地下鉄小田急は3/23にダイヤ改正をします。


●JR東日本

[JR東日本]浦和に湘南新宿ラインが全列車停車、東武直通特急も。常磐線特急増発。南武支線は等間隔化

[JR東日本]中央線の「特快」増発、パターンも提示。土休日は青梅特快が毎時2本、最高時速100キロに。八王子支社が詳細発表

[JR東日本]京葉線の朝ラッシュ時快速と武蔵野線直通を各駅停車に格下げ。武蔵野線は日中10分間隔に増発

●JR東海

[JR東海]中央線のセントラルライナー廃止、在来線特急の車内販売を全廃

●JR西日本

[JR西日本]京都・神戸・宝塚線では朝ラッシュ時も減便。朝夕の新快速は増発

●東急・東京メトロ副都心線

[東急]副都心線直通開始の新ダイヤの各駅時刻を発表。他の各線のダイヤ改正も発表

[メトロ][東急]東横=副都心線直通ダイヤの詳細発表。新宿三丁目折り返しが日中毎時2本。東横線渋谷始発はほぼ各停のみ

●西武

[西武]新宿線、東村山に特急停車。平日朝の拝島発・西武遊園地発の併結が廃止

[西武][メトロ]池袋線の日中の快速急行は副都心線直通に。副都心線の急行は日中以外は格下げ

●東武

[東武]東上線に急行より上の「快速」新設、日中毎時2本。複々線区間の普通は大幅減

[東武]伊勢崎・日光線も大幅改正。日中はほぼ30分パターンに。日中の区準廃止、日光線区間急行はほぼ消滅。区快は日中半減・停車駅削減

[東武]伊勢崎線でもJRと同時改正。とうきょうスカイツリーに特急の大半が停車。板倉東洋大前に朝下り特急1本が停車

●東京メトロ

[東京メトロ][埼玉高速]日比谷線、千代田線、半蔵門線、南北線などでダイヤ改正

●京阪

[京阪]中之島線は日中ついに普通のみに。特急以外の日中パターンが変更。「おりひめ」「ひこぼし」消滅

posted by Uchio at 08:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - 2013年3月16日一斉ダイヤ改正のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

[西武]TOB中の米国投資ファンド、多摩川線、秩父線、山口線の廃止を提案

 報道各社によると、アメリカの投資ファンド「サーベラス」が、西武鉄道を傘下に持つ西武ホールディングス株の公開買い付け(TOB)に踏み切った。サーベラスは、すでに32%超の株式を保有し、TOBで3分の1を超える株式の確保を目指すという。
 毎日新聞によると、サーベラスはこれまで、西武の経営陣に対して、企業価値向上の具体策として、西武山口線、秩父線、多摩川線の廃止や、特急レッドアローの料金値上げなどを要求。現・経営陣はこれを拒んだというが、サーベラスは株式の買い増しによって影響力が大きくなるものとみられる。
 ここから私見。サーベラスの最終目的は、東証への再上場のときに高い値付けをさせるためで、そのためのリストラを迫っているわけですが、赤字路線の廃止まで提案しているとは驚きました。鉄道会社の株式を取得し、赤字路線を切り捨てさせて、利益を上げ高く売り抜けるという悪魔のようなビジネスモデルですね。日本の公共交通の運営会社はどこも、ごく一部の黒字路線(または別のビジネス)の収益で、残り大半の路線の赤字を埋めている状態で、規制緩和で路線の廃止手続きが簡便化されてからも、あまり変わらずに維持されています。西武に限らず、どこの鉄道会社もこうしたビジネスの対象となり得るのが怖いところです。たとえば、JR東日本の経営を握り、東北地方の路線を全廃すれば、さぞかし株価は上がるでしょうね。

http://mainichi.jp/select/news/20130312k0000m020087000c.html

この情報は、おさんぽPANDAさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:西武
posted by Uchio at 10:19 | Comment(126) | TrackBack(1) | ニュース はてなブックマーク - [西武]TOB中の米国投資ファンド、多摩川線、秩父線、山口線の廃止を提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする