2013年06月27日

[JR四国]有人駅51駅をすべて「ゆるキャラ」化。駅舎モチーフに笑顔と手

 JR四国は、管内の有人駅51について、ひと駅ごとに駅舎をモチーフにしたキャラクターを作り、発表した。顔があり、ハートの形の手を振るデザインは共通だが、駅舎の形によってさまざまだ。
 「SHIKOKU SMILE STATION」と呼ばれる取り組みで、朝日新聞によると、社員の発案で誕生した。この夏は駅員の名札の下などに掲げられるが、キャラの運用については、各駅にまかせる方針だという。さらに、有人駅以外にも広げる意向とも伝えられている。

 ここから私見。ダイヤとは全く無関係の話題ですが、どうしても取り上げたくなりました。JR四国のサイトに全キャラが紹介されていますが、これが秀逸なのです。すっかりブームになった「ゆるキャラ」は、今や無数にあります。パッと見では何をモチーフにしたのかわからないものが多い中で、今回のJR四国は、駅舎をモチーフにしたことで駅の雰囲気がわかりやすく、小さい駅は小さいなりに、大きい駅は大きいなりに、それぞれかわいらしく表現されているのです。有人駅全駅ということで、さほど有名でない駅でもあり、地元の人が親しめるのがいいですね。
 全駅をめぐってキャラを収集とか、ゲーム的なキャンペーン展開など、いろいろ考えられそうですが、キャラの運用はあくまで「その駅任せ」ということで、あくまで駅を親しみやすくするための取り組みのようです。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-06-24/06.htm
http://www.asahi.com/area/kagawa/articles/OSK201306240104.html
タグ:JR四国
posted by Uchio at 21:12 | Comment(15) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR四国]有人駅51駅をすべて「ゆるキャラ」化。駅舎モチーフに笑顔と手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

[JR西日本]奈良線、城陽まで複線化。2022年度目標、地元が費用の大半を補助

 JR西日本は、奈良線の複線区間の大幅延伸などの改良計画を発表した。改良を求める地元自治体との間で、費用負担についておおむね合意したという。
 奈良線は、全長34.7キロのうち、現在の複線区間は、京都−JR藤森間など合計8.2キロ。今回の計画では、新たに14キロを複線化し、京都−城陽間がすべて複線になる。さらに、棚倉駅を一線スルー化するほか、京都、六地蔵の両駅ではホーム拡幅も行う。
 完成目標は2022年度。総費用369億円のうちJRの負担額は93億円で、残りを京都府と関係する市や町が補助する。朝日新聞によると、JRの負担額をめぐって議論が難航していたが、ようやく落ち着いたという。
 

http://www.pref.kyoto.jp/koho/kaiken/documents/25061401.pdf
http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/06/page_3962.html
http://www.asahi.com/area/kyoto/articles/MTW1306172700001.html

 この情報は、くろださん、ひろっぴさん、しんさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:36 | Comment(9) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR西日本]奈良線、城陽まで複線化。2022年度目標、地元が費用の大半を補助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

[JR東日本][JR西日本]北陸新幹線、最速列車は上越妙高通過か。「長野で乗員交代」と共同通信報じる

 共同通信は、2014年度に開業する北陸新幹線について、JR東日本とJR西日本の乗務員交代は、全列車が停車する長野で行うことで両社が合意した、と報じた。JR東日本の区間である長野−上越妙高間も含めて、新規開業区間はすべてJR西日本の社員が乗務するという。
 両社の分岐点は上越妙高(旧仮称・上越)で、乗務員を交代させるには全列車が停車する必要があったが、乗務員を長野で交代させるということは、上越妙高を通過する列車が少なからず設定されるものとみられる。
 ここから私見。上越妙高を通過するとなれば、速達型列車は長野−富山間は無停車になるのでしょう。JRは、北陸新幹線の開業によって、首都圏と北陸地方の移動そのものを倍増させるという高い目標を設定していて、単純に飛行機から客を奪うだけでなく、ニーズ自体を作り出す必要があります。速達性については強いこだわりがありそうです。
 新潟日報の記事だと、当初全列車停車をもとめていた新潟県知事もトーンダウンしたようにとれます。北陸新幹線の開業後は、大宮−東京間が過密になり、新潟県内では上越新幹線が減便になったり、一部が大宮発着になったりするのではとの懸念もあるそうで、そこの交渉を優先するのかもしれませんね。

(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061601001704.html
(新潟日報)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20130617049265.html
(上越地域の官民団体でつくる会議が試作したダイヤ案。上越妙高駅は全停)
https://www.shinkansen-joetsu-koiki-renkeikaigi.jp/rcms/files/news_doc/011102.pdf

この情報は、mnさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:20 | Comment(129) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本][JR西日本]北陸新幹線、最速列車は上越妙高通過か。「長野で乗員交代」と共同通信報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

[東急]池上線、多摩川線に「夏ダイヤ」。7月から平日のラッシュ時を変更

 東急電鉄は2013年7月1日から9月27日の平日、池上線、多摩川線で「夏期臨時ダイヤ」で運行すると発表した。
 池上線では、現行ダイヤに比べて、朝は蒲田−雪が谷大塚間で上下2本ずつ増発される。夕方は、五反田−雪が谷大塚間の区間運転を、入庫以外では廃止し、ほぼ全列車を五反田−蒲田間の運転とする。雪が谷大塚を境に、五反田側は上下2本ずつ減便、蒲田側は上下9本ずつ増便となる。
 多摩川線では朝ラッシュのピーク前の7時台の運行間隔を調整。7時台前半の本数を増やす一方、7時台後半の本数が減る。
 ここから私見。「ご利用動向をふまえて」とありますが、なぜこの時期限定なのかがいまいちわかりません。一昨年、夏の節電に合わせて、朝の出勤時刻を早めるピークタイムシフトを提唱した名残りなんでしょうか。

http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130613.pdf

この情報は、かんすけさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:東急
posted by Uchio at 20:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東急]池上線、多摩川線に「夏ダイヤ」。7月から平日のラッシュ時を変更 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

[JR東日本][JR西日本]北陸新幹線の駅名正式決定。上越(仮)は「上越妙高」に

 JR東日本とJR西日本は、2014年度開業予定の北陸新幹線(長野−金沢間)の駅名を正式に決定した。
 長野側から順に、飯山、上越妙高(仮称は上越)、糸魚川、黒部宇奈月温泉(仮称は新黒部)、富山、新高岡(仮称同じ)、金沢。
 上越新幹線との混同が心配されていた仮称「上越」駅。地元ニュースサイト「上越タウンジャーナル」のまとめによると、地元の検討委員会では、「上越」を推す委員が多数を占め。一時は「上越」を正式にJR東日本に提案する寸前だったところ、一部の市民団体が「上越の知名度が低い。上越新幹線と混同する」として反対。周辺自治体からは「妙高」を入れてとの要望が出され、議論は膠着。最終的に両案併記として「上越」「上越妙高」の2案がJRに提出された。JRはこれを尊重して、比較的混同しにくい「上越妙高」を採用した形だ。
 仮称「新黒部」は、黒部宇奈月温泉になる。新幹線の駅名としては最長。同時に開業する富山地方鉄道の新駅が同じ名前を名乗るのは難しそうだ。
 仮称「新高岡」は、仮称通りとなった。同時に開業するJR城端線の新駅も、同じ名前を名乗る。
 既存駅と併設となる飯山、糸魚川、富山、金沢はそのままとなった。

(6/12 18:55追記。新高岡駅に接続するのが氷見線とあるのは、城端線の誤りでした。修正しました。指摘していただいたポストJRさんありがとうございました)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130607/trd13060716560015-n1.htm
http://www.joetsutj.com/archives/51878241.html

この情報は、ポストJRさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 10:13 | Comment(76) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本][JR西日本]北陸新幹線の駅名正式決定。上越(仮)は「上越妙高」に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

[阪急][阪神]西山天王山駅開業、高速バス停も併設。三宮を神戸三宮に改称、ほか3駅も

 阪急電鉄は2013年12月21日、長岡天神−大山崎間に新駅「西山天王山」を開業する。
 京都縦貫自動車道との交点に駅が設けられ、自動車道側には高速バスの停留所も設置され、駅前広場とはエレベーターで直結する。
 また、同じタイミングで、4駅の名前を改称する。三宮が「神戸三宮」に、服部が「服部天神」に、中山が「中山観音」に、松尾が「松尾大社」になる。駅ナンバリングも実施される。
 なお、同じグループの阪神電鉄も2014年4月から、三宮を「神戸三宮」に変更する。こちらも駅ナンバリングをこのタイミングで実施する。なお、神戸高速鉄道の西元町ー高速長田間の各駅も阪神と同じ体系のナンバリングがふられる。
 ここから私見。当サイトの開設間もない頃に発表されたのが、この長岡京市内の新駅情報(過去記事は、こちら)でした。リリースでは、高速バスとの連携がうたわれていましたが、どのぐらいの路線がこのバス停に発着するのかが興味深いですね。

http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201306051N2.pdf

この情報は、すビバせんねさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:阪急 阪神
posted by Uchio at 08:49 | Comment(50) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [阪急][阪神]西山天王山駅開業、高速バス停も併設。三宮を神戸三宮に改称、ほか3駅も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする