2014年02月28日

[JR東日本]南武線の日中パターン変更。普通は途中で快速待避(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・13)

 JR東日本の2014年3月15日のダイヤ改正で、南武線は日中のパターンを大幅に変更になることがわかった。快速運転区間が現行の川崎−登戸間から、川崎−稲城長沼間に延長されることはすでに発表されていたが、新ダイヤでは、現在は行われていない緩急接続が導入される。
 乗り換え案内サイトのジョルダンが、JRについてはダイヤ改正後の時刻を掲載しており、そこで判明した。
 快速は下り方向は武蔵溝ノ口で、上り方向は武蔵中原でそれぞれ普通を追い越す。
 日中の主な駅の発車パターンは以下の通り。

 川崎発下りは 03快速、11、19稲城長沼、27、33快速、41、49稲城長沼、57
 登戸発下りは 00、07、17稲城長沼、25快速、30、37、47稲城長沼、55快速
 登戸発上りは 05、10快速、17、25、35、40快速、47、55
 立川発上りは、05、14快速、25、36、44快速、55

 ここから私見。有効本数が減るのは、優等列車導入の宿命みたいなところがあるのでしかたないとして、間隔の不揃いが現行よりも広がりますね。登戸駅では立川ゆきが最大18分空きますし、川崎発の普通も14分空きます。まあ10年前は、普通のみの12分間隔だったわけですが。
 一方で、緩急接続といえば、通過駅の速達化というメリットがあるわけですが、今回、もっとも恩恵がありそうな久地・津田山−川崎間でさえ、下りは1〜2分、上りはほとんどなしという状況。
 となると、こういうことでしょうか。普通が、川崎から稲城長沼まで、後続の快速から逃げ切ることはギリギリ可能でしょう。しかし、稲城長沼折り返しの列車を、上りホーム到着・折り返しにすると、隣のホームに到着する下り快速に乗り換える時間がない。逆に下りホーム到着・折り返しにすると、上り快速からの乗り換え客が間に合わない。下りホーム到着ののち、何らかの手段で上りホームに移ってから発車することは、JRはあまりやりませんものね。

 この情報は、佐川一也さん、くろださん他の方々にコメント欄で教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:50 | Comment(64) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]南武線の日中パターン変更。普通は途中で快速待避(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・13) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

[TX]守谷を緩急接続可能にする工事開始。2016年度末完成

 つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道、TX)は、守谷駅での緩急接続を可能にする配線変更工事を開始した。2016年度末の完成を目指す。
 TXの守谷駅は2面4線だが、内側にある副本線のつくば方は、車両基地とつながっているのみだ。本線側に渡る分岐器を挿入することで、緩急接続を可能にする。
 TXで、追い越し設備があるのは、八潮と流山おおたかの森のみ。リリースでは、守谷の工事により、「乗換を含めた所要時間の短縮や運転間隔の均等化が可能」としている。普通や区快と快速の緩急接続を検討しているようだ。
 さらに、車両基地と守谷駅を結ぶ出入庫線を複線化させる工事も同時に行う。

http://www.mir.co.jp/company/release/2014/post_27.html

この情報は、蛙さんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:03 | Comment(13) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [TX]守谷を緩急接続可能にする工事開始。2016年度末完成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

[東急]目黒線、急行中心に増発。池上線は昨夏の試行ダイヤを本採用。東横線も改正(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・12)

 東急電鉄は2014年3月15日、JRグループなどと同日に、東横線、目黒線、池上線のダイヤ改正を行う。
 目黒線では、平日朝7時台に急行が上下各3本、各停が上下各1本、夜には各停が下り2本、上り1本増発される。土休日は、早朝に各停上下各1本、夜に急行下り3本が増発となる。急行運転時間帯が拡大され、その幅は平日は朝方に30分、土休日は夜に1時間半ほど。
 池上線では、平日夕方の雪が谷大塚発着の列車がすべて蒲田まで延長される。昨年7〜9月に試行された夏ダイヤが本採用になった形だ。また、平日夜間に五反田発の列車が4本増発される。
 東横線では、平日朝6時台の武蔵小杉発渋谷ゆき各停2本が、副都心線の新宿三丁目まで延長される。なお、2月12日に発表された当初は、8両の急行の一部が10両化されるという記述があったが、いつの間にか削除されている。

http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/140212.pdf

この情報は、どこぞのだれぞさん、ツヨポンさんからいただきました。急行10両化の記述が削除されている件は、銀千ハイパワーさんから教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:32 | Comment(38) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東急]目黒線、急行中心に増発。池上線は昨夏の試行ダイヤを本採用。東横線も改正(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・12) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

[都営地下鉄]大江戸線一部区間で初電繰り上げも、3/15ダイヤ改正に追加発表(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・11)

 東京都交通局は、2014年3月15日に行うダイヤ改正について再び発表した。以前に発表(リンクは過去記事)された内容に加え、都営地下鉄大江戸線では、一部区間の初電繰り上げが盛り込まれた。
 大江戸線では、5時台に都庁前発光が丘ゆきが増発され、この区間の初電が18分繰り上がる。
 三田線と大江戸線の一部区間での終電繰り下げは、以前の発表通り。

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2014/sub_p_201402124481_h.html

この情報は、快速++さんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 09:39 | Comment(15) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [都営地下鉄]大江戸線一部区間で初電繰り上げも、3/15ダイヤ改正に追加発表(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

[東京都中央区]築地と臨海部を結ぶ地下鉄路線の検討開始、来年度予算に計上

 日経ケンプラッツによると、東京都中央区は、築地と晴海、豊洲、有明などの臨海部を結ぶ地下鉄新路線について、計画の系統を始める。2014年度の予算に1000万円の調査費を計上し、ルート、需要予測、概算事業費などの検討を行うという。
 中央区は、環状2号線(道路)の開通に合わせて、2016年度から銀座・築地と晴海を結ぶBRTを走らせる予定で計画を進めている。ただ、「マンション購入を真剣に考えるブログ」の記事によると、東京都が五輪開催決定を受けて、臨海部全体の交通計画をまとめる意向を示していて、このBRTの路線についても、中央区の範囲を超えた、有明、豊洲や新橋、虎ノ門あたりに伸びる可能性が出てきているという。そうした中で、隣の江東区が、豊洲−住吉間の地下鉄建設を検討しており、これに触発された可能性もある。
 ここから私見。日経ケンプラッツは「五輪選手村を通る」と見出しを立てていますが、来年に調査開始ということであれば、五輪には間に合わせるのは難しそうです。また、江東区の計画にも触れられていますが、江東区の計画は、東京メトロに運行をさせる前提で、需要予測は加算運賃ゼロで、収支予測は加算運賃70円で計算するという、明らかにずさんなもの(リンクは過去記事)でした。中央区も、BRTを走らせようという区間を、いきなり地下鉄というのですから大きな飛躍があります。「江東区が手を上げているのなら、うちも」程度の話ではなければ良いのですが。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20140207/650793/
posted by Uchio at 09:22 | Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東京都中央区]築地と臨海部を結ぶ地下鉄路線の検討開始、来年度予算に計上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

[東葉高速]東葉快速を廃止、線内はすべて各駅停車に(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・10)

 東葉高速鉄道は、2014年3月15日、東京メトロ東西線に合わせて、ダイヤ改正を行う。線内で通過運転を行う「東葉快速」を廃止し、線内はすべて各駅停車となる。
 「東葉快速」は、西船橋、北習志野、八千代緑が丘、東葉勝田台のみに停車。以前は平日朝上りにも走っていたが、いまは平日夕方のみ下り4本が運行されている。改正後は、いずれも通常の快速(東葉高速線内は各駅に停車)になり、勝田台到着は4〜5分遅くなる。リリースによると、通過する各駅を利用する客の割合が年々増えているためとしている。現行ダイヤでは、日本橋−東葉勝田台間は最速41分だが、改正後は京成(日本橋−勝田台間で同時間帯最速47分)と大差なくなる。
 ここから私見。収支改善の兆しが見えてこない東葉高速ですが、京成の客を奪うだけでは限界にきており、線内の住宅開発をより進めていきたいというところでしょうか。東葉高速に刺激される形で、京成も速達化を進めてきたことを考えると、その立役者の東葉快速が引退するのは何とも淋しい気持ちがします。

http://www.toyokosoku.co.jp/info/H25topics/H260207.pdf

この情報はakiさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 21:28 | Comment(11) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東葉高速]東葉快速を廃止、線内はすべて各駅停車に(2014年3月15日一斉ダイヤ改正・10) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

[大井川鉄道]3年連続赤字で、普通列車の運行を大幅減。団体客減り、地元に支援要請。3/26にダイヤ改正

 新聞各紙は、大井川鉄道が2014年3月26日、運行本数を大きく減らすダイヤ改正を行うと報じた。SLを除く列車が、現行ダイヤでは上下14本のところを、9本に減らす。日経新聞によると、そのうち1本は、家山発着に短縮される。同社は、ここ3年連続赤字が続いており、沿線自治体に、今後の収支改善策をつめる協議の場を求めるという。
 朝日新聞によると、大井川鉄道は、SL目当ての観光客が売り上げの9割を占めるが、ここのところ採算が悪化。昨年には、関越道事故に端を発したツアーバスの距離規制強化で、首都圏からの日帰りバスツアーが大幅に減ってしまい、昨年4月から12月の団体ツアー客は前年の半分にまで落ち込んだ。この状況では回復の見込みも薄いという。会見に臨んだ伊藤秀生社長は、地元からの支援が得られない場合は、観光に特化した鉄道にする選択肢も否定しなかったと伝えている。

(静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/detail/925651649.html
(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASG235V5PG23UTPB00D.html
(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66300980T00C14A2L61000/

この情報は、サマンサさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:大井川鉄道
posted by Uchio at 21:34 | Comment(37) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [大井川鉄道]3年連続赤字で、普通列車の運行を大幅減。団体客減り、地元に支援要請。3/26にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

[大阪府]北大阪急行の箕面延伸は正式決定。他の3路線についても計画進める方針

 大阪府は、府内の4つの鉄道路線計画について具体的に進めていく方針だ、と報道各社が伝えた。
 1つ目が、北大阪急行の延伸。千里中央−新箕面(仮称と思われる)間の2.5キロを延伸する。産経新聞によると、建設費は600億円で、大阪府が100億円、箕面市が160億円を負担する。こちらは正式決定で、2020年度開業を目指す。
 次に、大阪モノレールを、門真市から近鉄奈良線の瓜生堂まで約9キロ延伸する計画。建設費は約1050億円で、2014年度中に採算性を検討した上で、事業家の可否を決める。
 さらに、なにわ筋線(新大阪−JR難波、南海難波)、西梅田十三新大阪連絡線についても検討を進めるとしているが、最後の1つについては、朝日新聞の記事では出てくるものの、産経新聞の記事では触れられていない。

http://www.asahi.com/articles/ASG1W5SRGG1WPTIL019.html
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140127/wlf14012713070018-n1.htm

この情報は、ジョルジュさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 08:10 | Comment(54) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [大阪府]北大阪急行の箕面延伸は正式決定。他の3路線についても計画進める方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

[ゆいレール]平日のみダイヤ改正。朝ラッシュ前後の本数を削減、夕ラッシュ時は増便

 沖縄都市モノレール(ゆいレール)は2014年2月7日、ダイヤ改正を行う。対象は平日ダイヤのみ。
 朝ラッシュ時は、7時台前半と8時台後半について本数を削減する。一方の夕方は、16〜19時台にかけて上下合わせて8本を増発し、7〜8分間隔とする。合計すると、1日の運転本数は上下計235本となり、4本の増便となる。

http://www.yui-rail.co.jp/info/file/3640.pdf

この情報は、快速++さんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:ゆいレール
posted by Uchio at 20:16 | Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [ゆいレール]平日のみダイヤ改正。朝ラッシュ前後の本数を削減、夕ラッシュ時は増便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする