2009年06月26日

[JR東日本]両国発着の海水浴快速「白い砂」「青い海」を復活運転

 JR東日本千葉支社は2009年8月初旬の土日に、両国発着で、内房線・外房線へ向かう臨時快速「白い砂」「青い海」を運転する。
「白い砂」「青い海」は、海水浴シーズンに、メッカである房総半島の各駅と東京を結んだ臨時快速列車。全国的なレジャーの多様化を受けて、東京近郊における海水浴人気が低迷し、1998年を最後に運転されていない。
 両列車は総武快速線の定期列車を延長したかたちで設定されたため、基本的には東京発着だったが、今夏の臨時列車は両国発着となる。復活する「白い砂」は、外房線回りの両国−安房鴨川間。「青い海」は、内房線回りで両国−館山間の運転。いずれも485系ニューなのはな車両を使用し、指定席が設定される。

http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20090619aoiumi.pdf
タグ:JR東日本
posted by Uchio at 23:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]両国発着の海水浴快速「白い砂」「青い海」を復活運転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニューなのはなによる臨時快速ですか!以前は房総方面には夏休みになると色々な臨時列車が走っていましたからね。これでまた「列車で海水浴」に行く人が増えると良いですね。
房総方面のリバイバル臨時列車と言えばこの夏〜京成がかつての3つのカラーを順番に復活させるそうですよ!
第1段は青電を6月30日〜赤電になる8月始め?まで。しかも初日はなんと「特急」金町ゆきとして運行。金町線初の特急ですかね?
Posted by VSE at 2009年06月27日 07:04
昨日か今日のニュースで、両国発大原方面行きのサイクルトレイン(自転車持可能列車)運行のニュースがやってました。車両は房総211系でした。

房総の観光活発化のために、思い切った企画営業のイベント列車やればいいのに。
小倉ゆうこ公認コリン星号茂原行きの列車など、アホらしい企画とかなども。
Posted by at 2009年07月05日 01:04
もう2週間前だけど、丁度移動時間と合ったので青電の特急・金町ゆきに乗って来ました。平日日中なのに満席で、車内には京成ヒストリーのパネルがズラリ…更に各駅や荒川鉄橋などにはカメラを構える人が結構いた。千住大橋では運転停車して日暮里を4分後発の特急・成田空港ゆきの通過追い抜きされるなど趣味的には面白い運行でした。これで柴又・金町も一応(1日だけの)『特急停車駅』に??
Posted by VSE at 2009年07月15日 15:25
かつては名鉄も海水浴に力を入れていましたが、もう何年も前に止めてしまいました。
こうして、鉄道利用が増えると良いですね。
Posted by 鉄道を考える人 at 2009年08月04日 09:23
海水浴列車に

水着を着た!

女子小学生や女子中学生乗るかな?
Posted by 永江聡 at 2009年08月06日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック