2011年01月24日

[東武]東上線でダイヤ改正。昼間の急行・準急が等間隔化。TJライナーは増発

 東武鉄道は2011年3月5日、東上線でダイヤ改正を行う。日中の優等列車について、急行と準急でそれぞれ運転間隔を揃えることで、わかりやすさを狙う。
 日中の優等列車は現在、急行が毎時5本、準急が毎時3本。池袋発時点で6〜9分おきに走っている。これを、本数を変えずに、急行を12分間隔、準急を20分間隔に揃える。確かにわかりやすくなるが、一方でこれにより、毎時2回は、急行と準急が2分間隔で続行することになって、実質的な乗車機会は減る。
 朝ラッシュ時は、ピーク時に上り急行2本を増発する。前回の改正では、朝ラッシュ時の本数を3本削減することでスピードアップを達成したが、今回それがどうなるのかは不明だ。
 夕方ラッシュ時は、下り急行を12分間隔にする。現在は、TJライナーの前後は18分間、急行が空いていたが、これが均一化される。
 細かいところでは、副都心線直通の志木発着普通が、川越市まで延長になり、かつ有楽町線直通に変更になる。これにより、志木−川越市間の普通・準急は毎時8本になるという。
 TJライナーは3本増発され、18時〜21時までは30分間隔となる。
 ここから私見。以前は、東上線のダイヤはわかりやすさの優等生のようにシンプルでしたが、前回はTJライナー導入や、副都心線への対抗などいろいろな要素があり、複雑になりました。そこからまた「わかりやすさ」に回帰したのでしょうか。

http://www.tobu.co.jp/file/3137/110124.pdf

この情報は、akiさんより教えていただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 23:39 | Comment(21) | TrackBack(2) | ニュース はてなブックマーク - [東武]東上線でダイヤ改正。昼間の急行・準急が等間隔化。TJライナーは増発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12分間隔の急行、20分間隔の準急、おおむね30分ヘッドの地下鉄…。
覚えやすいけど、わかりやすいかといわれると微妙ですな。
いっそ急行6本、準急2本にしてしまえばいいのに、と思います。
Posted by at 2011年01月25日 01:30
東上線の場合、準急という種別が本当に必要なのか前々から疑問に思っています。
成増での緩急接続がスムーズでさえあれば、基本的には急行と各停だけで(朝の通急、夕方の快急はまあ良いとしても)さほど不便はないような気がします。
ダイヤ編成もすっきりしてやりやすくなるのではないでしょうか。

もし準急を走らせ続けるなら、パターンの崩れる朝夕だけにして、なおかつ中板橋にも停車して各停との乗り換えができるようにして貰いたいものです。
何しろ各停に乗っていて、必ず中板橋で急行か準急に追い抜かされるのは、なんとも腹立たしい限りでして……(^_^;;
Posted by at 2011年01月25日 03:10
12分毎に急行があるかと思えば
20分毎に準急がある。
本当にわかりにくいですね。
関西では間違いなく急行と普通を10分毎に運転するでしょう。
Posted by えびちゃん at 2011年01月25日 11:43
そうですねー、優等が毎時8本だったら急行6本、準急2本のほうがいいですね。
地下鉄との乗り入れの関係もあるので、できるかどうかはわかりませんが。
急行毎時6本なら、川越市以北が10分おきのわかりやすいダイヤになります。半数が森林公園折り返しなら、小川町発が20分おきとなります。
わかりやすいダイヤをお願いしたいです。
Posted by aki at 2011年01月25日 11:58
朝ラッシュ上りの急行は「増発」というより「新設」ですね。川越以北からの通勤客も少なくないのに、志木まで各駅停車の通勤急行しかないのは不興を買っていましたから。
Posted by dai at 2011年01月25日 12:37
関東系でも他の私鉄は比較的運転サイクルを合わせて緩急の接続を取るようにしていると思います。
また、同じ東武でも伊勢崎線は上手く緩急の接続を取っているように思うのですが、何故に東上線だけ「?」な運転サイクルになっているのでしょうかね?

もしかして、大昔の15分サイクルの時代の方が良かった?

とは思わないですよね…きっと
Posted by ゼフュ at 2011年01月25日 17:26
>10分毎に各駅停車と急行
現状では日中でも毎時16本運転ですから、組み合わせが難しそうですね…

多少不均衡にはなりますが、日中も
・急行は小川町行きと森林公園行きを毎時3本ずつ、計毎時6本。
・川越市行き準急を中板橋に停車した上で毎時3本運転し、普通と緩急接続。
・志木行き普通と成増行き普通を毎時3本ずつ計6本。

という形で、準急を中板橋ではなく上板橋に停車させた上で普通と緩急接続して、普通のみ停車駅の中では比較的利用客の多い上板橋駅と東武練馬へのアクセス改善のために活用するという手もあるかと思います。
Posted by 匿名希望 at 2011年01月25日 23:02
準急はさておき、急行がわかりやすいダイヤになって良かったと思いますよ。

毎時6本・・・はさすがに無理でしょうね。
末端区間は明らかに過剰ですからね。

坂戸までの区間に限れば毎時6本も考えられますが・・・。

準急がいろいろいわれていますが、存在意義として2つの面があると思います(あくまでも私見)。

・途中区間での短時間乗車
準急は急行が先行しない限り、途中区間での利用客は乗車しますよ。

和光市から新河岸までの各区間において、
朝霞台からは武蔵野線からの乗り換え客が、
和光市からは有楽町線からの乗り換え客が、
それぞれ先行列車となる準急に乗車し、
結果として急行の混雑緩和に役立っているのです。

もっとも、これは有楽町線系統からの列車についても同様のことが言えますので、地下鉄への直通運用で置き換えることもできますが・・・。
ただし、地下鉄直通もしくは普通にすると、乗客は地下鉄直通列車に流れてしまうでしょう。
こうなると、東武としては面白くないわけです。

そこで、
・(新河岸)鶴瀬〜朝霞の池袋までの速達列車
地下鉄方面は新宿・渋谷・新木場に一本でいけますから、そちらを目指す人は急ぎでない限り準急には乗車しないでしょう。

ただし、池袋および日暮里・東京方面となれば、選択の余地があり、東武としてはできるだけ自社線に乗ってほしいと考えるならば、急行通過駅に対して速達列車が必要になります(普通列車では対抗できないでしょう)。

準急は鶴瀬からほぼ確実に池袋まで先着するので、武蔵野線からの乗換えを合わせて十分有効活用されていると思いますよ。

あえて書くことではないですが、池袋から川越までは他社線を含め一番早く到達するため、急行の利用が準急を上回る傾向にあり、どうしても準急が見劣りするのはやむを得ませんね。
Posted by うみほたる at 2011年01月25日 23:17
daiさま

2008のダイヤ改正で急行はすでにできてますよ
http://dia.seesaa.net/article/91388159.html
http://www.asahi.com/komimi/TKY200803280154.html
Posted by at 2011年01月26日 00:31
昼間の池袋発
急行 毎時 00、12、24、36、48
準急 毎時 10、30、50

10分の準急は12分の急行に抜かれずに志木まで逃げ切りなのでしょうか。準急を複々線区間で緩行線を走らせるようにすれば効果的だと思うのですが。
Posted by サカイ at 2011年01月26日 10:01
利用者側としては、
10両急行で中途半端なダイヤにされるより、
6両編成で良いから急行が5分毎だったりすると、
地下鉄よりも東武を選ぶ。
Posted by at 2011年01月26日 12:12
準急・急行・TJの話しか書かれていないので、普通はますますいびつな間隔で運転されそうですね。

夕ラッシュ時、急行は12分間隔、TJは30分間隔。
準急・普通はどうなるんでしょうか。
池袋のホームはどうさばくんでしょうか。1・2番線に関しては準急・急行は特に定めずに発車することになるんでしょうかねえ。

昼間は池袋12分優等列車が発車しない時間があります。ってことは成増まで抜かれない普通もでてくるのか?

なんか色々と想像してしまうダイヤですな。
Posted by オレンジ at 2011年01月26日 12:17
>毎時6本
西武の新所沢〜本川越や小手指〜飯能が毎時8本なので、東上線川越市以北も同じぐらい走ってもおかしくないんですがね。昼間の東上線は大学生でぎっしりですし(だから増発したくないのも理解できるが)。

ちなみに毎時4本で取り残され、前回改正で急行との接続が悪化した越生線はどうなるんでしょう?
Posted by dai at 2011年01月26日 18:13
急行を毎時6本運転するとすると
池袋を
00急行、02準急、03各停、11急行、12各停、20急行、22準急・・・
と繰り返すことにより、各停の削減と引き換えに中板橋での退避をなくすことは可能です。
準急を中板橋に止める意味はなくなりますが、川越市まで後続の急行より先着し、急行の補完列車となります。
ただ、地下鉄のサイクルとはかみづらくなるし、志木以遠の各停が準急と合わせて10分間隔で設定出来るため、本数が大幅に減る可能性があります。
本数減に関しては、地下鉄からの川越市行きを和光市で池袋発急行と接続する3本のほかに、ふじみ野で急行に抜かれる直通を2〜3本運転して補完することはできます。

>もしかして、大昔の15分サイクルの時代の方が良かった?

昔のダイヤの15分毎の急行を基本にして、必要に応じて準急を急行に変更するってダイヤもアリですよね。

変更するのはただの急行に限らず、
川越市以遠の停車駅を快速急行と同じにしたり、
副都心線直通の急行を新設して池袋発準急と和光市で接続させたり、
準急と置き換える急行の一部を川越市止まりとしたり、
準急と共に中板橋停車としたり、
様々なアレンジが可能です。

和光市以遠の急行通過駅へは、志木止まりの各停または地下鉄直通列車を川越市まで走らせ、準急を含め毎時8本を確保するのが理想的です。
Posted by at 2011年01月27日 02:22
現行でも池袋着0747〜0836は急行空白時間なので、この穴を埋める急行の設定は画期的だと思います。TJライナーにしなかっただけ良心を感じます。
Posted by dai at 2011年01月27日 06:53
今年のダイヤ改正日はどうしてこうもバラバラなの?
もしかして毎年?
長野電鉄は2月26日、
JR東日本の新幹線は3月5日、
東武西武がそうだからメトロも3月5日、
JR西・九は3月12日、
JR東の南武線も3月12日、
近鉄の料金改正は3月16日、
名鉄は3月26日・・・・
Posted by メタ at 2011年01月29日 14:16
メトロは路線によって改正日が違ったりしますね…
Posted by 竹麻呂 at 2011年02月16日 17:39
準急が成増退避をするのは予想外でした。もう1本はふじみ野で、もう1本は川越迄逃げ切るダイヤでした。正直言いましてイビツなダイヤで、準急自体存続性が分かりません。成増を通過した通勤急行にして複々線に威力を十二分に発揮して頂きたいと思いましたし、志木とふじみ野も通過して、川越迄逃げ切った上に、急行の恩恵の無い駅の利用者獲得に勤めてもいいと思いました。快速急行増発も必要だと思いました。急行10分毎、通勤急行20分毎、快速急行20分毎の方がスッキリしたと思いますし、副都心線との間隔を考えた場合は、急行10分毎、準急・通急・快急それぞれ30分毎に運行し、地下鉄直通準急も30分毎が良かったと思います。
Posted by あみーご at 2011年02月25日 21:59
成増で準急抜かす急行(池袋12分発)だけ川越以北各停の快速急行にしても良かったのかなあと思います(和光市・志木・川越ー各駅停車ー小川町)。
そうすると池袋ー川越間の日中所要時間が短い事をアピールできて、宣伝になったような。さらに森林公園での急行の時間調整も短くできたと思います。
なんか、試してみたダイヤ感があり、またすぐに改正してきそうですね。
Posted by オレンジ at 2011年02月26日 21:43
小川町行きをもっと深夜まで運転してくれ。
Posted by 小川君 at 2011年03月03日 13:07
コメントが遅くなってすみません。
でも長距離利用者を考えるとか東京メトロに対抗するならば、急行を成増通過にすればいいと思いますが・・・(名前だけ「快速」にするとか)
快速(5):池袋・和光市・朝霞台・志木・ふじみ野・川越から各駅
準急(3):池袋・東武練馬・成増から各駅
普通:快速の1分後に志木行(5)、成増行(3)は成増で準急に接続
分かりやすくするなら、急行も通勤急行も廃止して、成増通過で東京メトロに対抗すべきだと思います。近距離は準急で
Posted by @東武練馬 at 2011年09月01日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※いただいたコメントは、管理人が確認したあとで掲載されます

この記事へのトラックバック

東武、2011年3月5日東武東上線・越生線ダイヤ改正
Excerpt:  3月5日(土)東上線でダイヤ改正を実施 〜TJライナー増発などにより、快適で便利な東上線を提供します〜(PDF:190KB)|2010年度|ニュースリリース|東武鉄道
Weblog: kqtrain.net(京浜急行)
Tracked: 2011-01-25 20:23

(鉄道)東上線ダイヤ改正
Excerpt: 東上線が3月5日にダイヤ改正をするらしい。主な改正点は、 ・TJライナー増発、行き先変更 ・急行列車の増発と発車時間の均等化 TJライナーは平日に18:30,19:30,20,30の増発、行き先は小..
Weblog: スピカの世界〜2nd stage〜
Tracked: 2011-02-24 21:53