2017年03月23日

[東急]田園都市線など4/21にダイヤ改正、早朝に上り急行2本増発

 東急電鉄は2017年4月21日、田園都市線、大井町線、世田谷線のダイヤ改正を行うと発表した。直通する東京メトロ、東武鉄道に合わせた形で、東横線、目黒線とは1ヶ月タイミングがずれる。

■田園都市線「ピーク帯前後の増発」は今回はなし

 田園都市線では、平日早朝5時台に上り急行2本が増発される。いずれも渋谷ゆきで、1本は長津田始発、もう1本は中央林間始発。折り返し列車として下りも渋谷始発の急行2本が増発される。平日、土休日ともに上りの初電の各列車も若干繰り上がる。たとえば長津田発の初電は現行では5:05発だが、5分繰り上がり5:00発となる。
 東急が昨年11月に発表したリリースでは、田園都市線は今後の改正で、ピーク帯前後の時間帯で増発し、渋谷着6時半から9時半までのほぼ3時間が、2〜3分おきの運転となる予定としているが、今回のダイヤ改正ではそこは盛り込まれなかったようだ。

■大井町線の急行7両化は2017年度下期

 大井町線は、田園都市線ほかのダイヤ改正に合わせての一部修正だという。大井町線急行の7両化は、2017年度下期に始まるという。
 世田谷線では上町発の初電が2分繰り上がる。

http://www.tokyu.co.jp/file/170322-2.pdf
http://www.tokyu.co.jp/file/170322-1.pdf

この情報は、るびすさん、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 22:45 | Comment(16) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東急]田園都市線など4/21にダイヤ改正、早朝に上り急行2本増発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.tokyu.co.jp/file/170322-1.pdf
田園都市線の混雑緩和策が発表されてるが、どれも中途半端で大した効果は上がらないと考えられるので、以下私案を公開する。
・ラッシュ時の女性専用車を廃止して混雑の平準化を図る。
・青葉台以西の乗客を中央林間〜複々線化した小田急に誘導するためこの区間の定期券の割引を行う。
・長津田以東から折り返して始発急行に座る乗客の徹底排除。
・現在の虹ヶ丘、すすき野団地発の通勤急行バスを増発するとともに鴨志田団地、たまプラーザ団地発も設定する。
・駆け込み乗車根絶のため発車ベルの廃止。
・渋谷発ミッドナイトアローの増発&23時台発の設定(現在の23時台の下りは朝ラッシュ時並みの混雑に加え酒の臭いと親父の加齢臭で地獄絵図になっているのでその緩和を図る)。
Posted by よしだ at 2017年03月24日 12:34
田園都市線こそ時差定期導入してもらいたいですね。都内側は始発から17時までの入場、神奈川県側は10時以降の入場。土休日は終日利用可能。
途中下車は日中帯と土休日のみ可能。定期代は半額で良いと思います。
通学定期も値上げして良いと思います。
中高生は据え置きで途中下車不可。大学・専門学校用は通勤の半額で土休日のみ途中下車可能で良いと思います。さすがに7割引はないと思いますので
Posted by 情熱の嵐 at 2017年03月25日 13:41
平日朝は、最初から準急で良いと思うのですがね…
また、朝の準急に関してはあざみ野以東はすべて各駅で良いと思います。
どうせ遅れるのなら。
Posted by しーば at 2017年03月27日 09:13
>>情熱の嵐さん
塾やバイトが途中駅の学生多いからさすがにかわいそう。まして高校生のバイトはやっと学費払えてるような子たちが必死こいてやってるんですから(長津田の上の原グリーンハイツなど、徒歩20分圏内になるとそういう人たちも住んでる
Posted by Dreamer at 2017年03月27日 17:35
田園都市線も、特急の投入を本格的に考えてはどうだろうか?
田園都市線用に2020系を投入するんだから。
因みに停車駅は
渋谷→溝の口→たまプラーザ→長津田→中央林間が妥当な線だね。
Posted by 誠凜高校軽音部 at 2017年03月27日 19:34
何が妥当なのかさっぱりわからない…
Posted by てつなべ at 2017年03月27日 23:31
2020系が特急専用として製造されるならともかく、おそらく8500系の置き換えが目的になるだろうから、特急を運行させる気はないんじゃないかと…
Posted by ポストJR at 2017年03月28日 09:19
大井町線を目黒線経由で南北線や三田線に乗り入れできないかな。
そうすれば大井町線への誘導が進むと思うが。
あとはATACSを導入して列車間隔を更に詰めるかかな。
Posted by 小田急複々線 at 2017年03月30日 20:52
 目黒線もすでにかなり混んでいるし、今後は相鉄線からの列車も受け入れることになるでしょうから、やるとしても本数も限定され、残念ながら効果も同様になるのではと思います。
Posted by Bangkok at 2017年03月30日 21:11
田園都市線は来年に小田急が下北地下化終了して
スピードアップするから混雑は緩和するんではないですか?
Posted by 花 at 2017年03月31日 01:31
花さん

沿線人口が増え続けているので、小田急線の地下化による流出や大井町線急行の7両化で「緩和」とまではとてもとても。
現状維持ができるくらいでしょう。

p.11参照。
http://www.tokyu.co.jp/ir/upload_file/library_06_01/9005_2010053117291601_P01_.pdf
Posted by むら at 2017年03月31日 03:38
2020系には、1600〜1800mmのワイドドアが必要不可欠なのでは。
乗降時間の短縮を図るには、東西線みたいに全車両にワイドドアが必要不可欠だと思うね。
更には、スマホ・PC用にはコンセントが4口/両必要不可欠だ。

Posted by 誠凛高校軽音部 at 2017年03月31日 17:27
田園都市線各駅に、改正後の時刻が逐次掲示されていますが、
この改正で日中の発着時刻ならびに所要時分を、変更するようです。

以下、Yahoo!路線情報より調べた結果です。
平日 渋谷駅B線 急行03 08 14 急行18 準急22 始発24 29
休日 渋谷駅B線 急行03 09 14 急行18 準急22 27 始発30
休日毎時09分は、二子玉川で大井町線からの急行長津田ゆきに連絡

平日 中央林間駅上り 00 急行05 08 準急12 17 急行22 渋谷24
休日 中央林間駅上り 00 急行04 渋谷09 15 急行19 22 準急27

上り準急の運転時刻が、平日と休日で15分異なります。
また現在平日の大井町線急行は、遅延がなければ
通常上下線とも溝の口駅で田園都市線急行と接続していますが、
改正後は、上下線とも休日と同じく田園都市線準急に変更になります。

これに合わせて大井町線の日中の発着時刻も変更になっています。
正直、かなり複雑な印象です。
Posted by つみき野 at 2017年04月12日 22:16
田園都市線はまだこれから混み出すようになるかもしれませんね。
ところでバブル期の田園都市線はどれくらい混んでいたんですか?どなたか教えていただけませんか?
Posted by 花 at 2017年04月13日 11:13
花様、おっしゃる通りと思います。
まだまだ開発の余地がありますからね。
いまだ成長中の路線ですから、バブルとの単純比較は難しいかと思いますが、昭和の終わりにお世話になった頃は、改正ごとに急行が少しずつ増え、日中の30分毎の快速(今の準急的)が急行に(ついに日中に急行が、と感動した)、営団8000は8連主体で上りピーク外して適当に、05登場までのつなぎで東西線にいた10連が3本位戻って来た頃から、10連化が進んだような。こんな、古き良き時代でした?失礼しました。
Posted by 急行 上   野 at 2017年04月13日 21:25
花さん

つきみ野に30年以上住んでおります、つみき野と申します。回答します。
なお、多くの私見を含みますことをご了承ください。

混雑率の変化ですが、バブル期と違って目立つポイントを次の通りまとめます。
・大井町線複々線化による、二子玉川〜溝の口間の混雑緩和
・土日の混雑増大(沿線人口の増加、ならびにショッピングの拡充)
・各駅停車の混雑緩和
・終電時間帯の混雑緩和

この他は、そんなに変わっていません。
ダイヤ改正のたびに急行を増発し、旅客に選択肢を与えたことがポイントです。
乗換検索等の拡充により、たまたま来た急行や快速に乗るというものから、
意図的に急行を選んで乗るようになったというのが事実です。
優等系への混雑偏りが年々目立ってきていますが、
この戦略自体がかねてからの東急の考え方です。
東急では各種リリースにおいて、多摩田園都市において、
急行停車駅を中心とした街づくりを進めており、急行を沿線開発の軸としています。
つまり急行の意義を高めようと努めております。

ちなみに私は各駅停車を中心に、長年都心間を移動していますが、
客の入替が増え、着席チャンスも相当広がったと感じています。
Posted by つみき野 at 2017年04月14日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448319665

この記事へのトラックバック