2019年01月17日

[東武]東上線に「川越特急」登場。停車駅は池袋、朝霞台、川越…(2019年3月16日ダイヤ改正・5)

2019年3月16日のJRグループおよび各私鉄のダイヤ改正に関するニュース一覧

 東武鉄道は2019年3月16日、東上線のダイヤ改正を行い、新しい種別「川越特急」を登場させる。特急料金は不要だが、50090系を利用して、クロスシート車で運行される。
 停車駅は、池袋を出ると、朝霞台、川越、川越市、坂戸、東松山−小川町間の各駅。池袋と川越の間を最短26分で結ぶ。平日は下り2本、上り3本、土休日は下り2本、上り4本。時間帯などは今回のリリースでは明らかになっていないが、自動放送で観光案内をおこない、さらに一部列車にはコンシェルジュを乗車させるということから、午前中の下りと、午後の上りの可能性が高そうだ。
 なお、それ以外の改正内容については、追ってリリースするとしている。
 ここから私見。追加料金のいらないクロスシート車両の新種別が2019年になっても新たに誕生することを祝いたいですね。実際には、TJライナーの折り返しでこれまで運行されてきた快速急行の一部が変わるのかなという気もします。

http://www.tobu.co.jp/file/pdf/a22c9b7381aa0bcc3e364c1c4e71d8b3/190117_4.pdf

この情報はサマンサからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 19:49 | Comment(30) | ニュース はてなブックマーク - [東武]東上線に「川越特急」登場。停車駅は池袋、朝霞台、川越…(2019年3月16日ダイヤ改正・5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前運転されていた特急の停車駅が志木から朝霞台に変わった感じですね
快急の停車駅の和光市・志木を通過するのが興味深いです
Posted by ムーンライトながら族 at 2019年01月17日 21:43
他にも改正情報たくさん溜まってんのにこれは即日作成(笑)
しかも他記事にはない私見付き(笑)
東上線民はお里が知れるな(笑)
Posted by どこぞのだれぞ at 2019年01月17日 22:00
バカが出てきたぞ
むしむし
Posted by 佐川一也 at 2019年01月18日 17:00
スカイツリーラインに比べて、明らかに落差が激しいのが浮き彫りにされるね。
川越を推すのなら、鷲宮を優先して欲しいね。
”リバティ”を導入するのか、と思いきや”TJライナー”を使うなんて、東武の手抜きを感じさせるね。
Posted by 誠凛高校軽音部 at 2019年01月18日 17:02
特急料金を取らない限り、リバティ投入などありえないでしょう。別に手抜きなどではないよ。
Posted by ことぅお at 2019年01月18日 18:02
軽音部さん

川越より鷲宮を推す理由は何でしょうか?

Posted by はまかいじ at 2019年01月18日 21:36
>>軽音部さん

川越と鷲宮だったら誰もが川越を選ぶでしょう。川越の乗降客は約13万人、変わって鷲宮は約7000人。他の記事で、鷲宮神社がどうこうと言ってましたが、地元以外の知名度はゼロだし、(私も知らなかった。)川越は知名度はそれなりにあります。
Posted by スカイアクセスライナー at 2019年01月18日 22:51
 快速急行が停車しない朝霞台に特急を停車させるのは、武蔵野線との乗り換えの重要性が、川越は都心方向に比べて大きいからではないでしょうか。

 都心方向を考えると、武蔵野線から朝霞台で乗り換える利用者の範囲は西浦和から東所沢の間でしょうが、西浦和は埼京線利用の方が、東所沢は池袋線利用の方が多そうです。つまり朝霞台/北朝霞と新座の分に少し加わるくらいでしょう。

 他方川越となると、人数はともかくとして東は京葉線から西は中央線を越えて相模原線くらいまでは新宿・池袋経由より早そうです。川越への集客を考えれば、朝霞台なのでしょう。

 これで良い結果が出た場合が、さらに楽しみです。武蔵野線の郊外方向にある観光地や都市などは川越だけではありません。日光・鬼怒川、両毛地域、秩父などへ向け、東武日光線・伊勢崎線・池袋線の優等列車がさらにというか、有料特急が新越谷や新秋津に停車する日が来るかもしれません。成功を期待します。

 以前、確かおおさか東線のスレに書きましたが、武蔵野線との乗り換えに一番消極的なのは、当のJR東だと思います。これはもし上記の状況になっても変わらず、動きは遅そうな気がします。
 JR東の場合、東北線や常磐線の急行線へのホーム建設から始めないといけませんが、東武は複々線化の中で取り組んで伊勢崎線でも東上線でも実現しています。武蔵野線を活用したネットワーク化を考えると、自社線なのに20年出遅れているのかもしれません。
Posted by Bangkok at 2019年01月18日 23:21
鷲宮神社は、埼玉県でも参拝客数が47万人をキープしているし、今や「初詣の定番」となっているからね。
川越よりは鷲宮を推すべきだと思うね。
異論があるならどうぞ、自由に文句を書きこみな?
Posted by 誠凛高校軽音部 at 2019年01月18日 23:46
>>軽音部さん。

私には鷲宮を推す理由は皆無だと思うし、年間700万人の観光客が来る川越よりも10分の1以下の鷲宮を押す理由が全くわかりません。県外から来る人は一部のアニメファンだけのようです。因みに初詣で埼玉の1位は大宮の氷川神社らしいです。

乗降客数で隣接駅より大幅に負けているのにそこを推す理由は無いと思いますよ。
Posted by スカイアクセスライナー at 2019年01月19日 08:43
スカイアクセスライナーさんへ>
先程はご教示を有難うございます。
Posted by 誠凛高校軽音部 at 2019年01月19日 09:14
おはようございます。さて、東武東上線のダイヤ改正が平成31年3月16日ということになると、西武池袋線の新型特急登場によるダイヤ改正?も平成31年3月16日に行われる可能性が高くなったと思われます。これは、東武東上線が西武池袋線も直通運転をしている有楽町線・副都心線・東急東横線・みなとみらい線と直通運転をしている関係上、同じ日に改正?を行ったほうが効率的だからです。

なお、例年西武のダイヤ改正は1月下旬に発表されることが多いため注視する必要があります。

また、川越特急が朝霞台に停車するということになると、快速急行も現行の停車駅に加え朝霞台にも停車することになるのではないかと考えています。
Posted by えむえす・あっぷ at 2019年01月19日 10:50
中途半端感が否めないですね。
アイデアは良いが、本数が少なすぎる。快急、快速と統合して、成増、志木、ふじみ野、川越市を通過させて少しでも速達化してもらいたいし、思い切って寄居まで運転してもいい。
東武は分割併合が出来るのにやらないのは怠慢ですし、乗り換えればいいという考えは改めるべきですね。
快急、快速、特急、TJで50090系の限定運用は組めるのですぐにでも限定運用すべきだと思いますね。
Posted by at 2019年01月19日 11:53
 えむえす・あっぷさん>
 西武のダイヤ改正

 東上線の改正が、特急の新設(=一部の快急の置き換え?)程度であれば、東上線のダイヤ改正だけで十分完結します。

 西武については、、新型特急が出ても、特急の本数が増減しないので、順次置き換えていくだけです。

 なので、メトロ・東急含めた改正までは必要ないかと。
Posted by Classy at 2019年01月19日 18:42
現状だと、東武、西武、メトロ、東急の直通運転で、日帰り観光客需要は東急を介した横浜高速鉄道みなとみらい線へ向かう人が圧倒的に多く一人勝ち状態だと思われます。

それを巻き返して、何とか自社沿線へ観光客を呼び込む事と、TJライナーの送り込み回送の有効活用かな?
とは思いました。

また、ここの記事化はされていませんが、横浜高速鉄道では夜間の車両留置を東急側設備で行っており、長期的観点から元町・中華街駅から先580mの延伸工事を行い、4編成留置出来る設備を建設するそうです。
この計画の必要敷地は港の見える丘公園内で収めておりますので、計画は順調に進むと思われます。
そうなるとラビューの様な優等列車の運行もしやすくなり、東急新横浜線を介して相鉄方面への通勤ライナー需要も見込める事から東急が攻勢に出る事も想定出来ます。

その為に、相鉄・JR線の直通運転も今年末頃との報道も有りましたので、池袋乗り換えで観光客を掻き集めたいのかな?
とも、思いました。
何より、池袋発だと自社区間が長いですから運賃収入増にも貢献します。

長文失礼しました。
Posted by 快速急行 at 2019年01月19日 19:00
川越特急の池袋〜川越での途中停車駅が朝霞台だけというのは、非常に興味深いですね。
Fライナーの停まる成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野の中で唯一の停車駅。
川越特急を朝霞台に停車させることで「武蔵野線沿線から川越・川越市へは東上線で」という利用者を増やしたいんでしょう。

他のFライナー停車駅から川越なら東上線一択ですが、武蔵野線沿線から川越は朝霞台経由以外の選択肢がありますからね。
具体的には「武蔵浦和乗換えで埼京線・川越線経由で川越」はもちろん、利用者は少ないでしょうけど「新秋津乗換えで西武線(秋津・所沢)経由で本川越」というルートです。
実際、川越特急の朝霞台停車によって、川越特急運行時間帯はルート検索で東上線経由が優位になることが増えることでしょう。
Posted by E657 at 2019年01月19日 19:45
和光市通過で東武池袋への誘導の狙いもあるでしょう

Fライナーは本音では廃止したいでしょうし
メトロも最近この系統では西武寄りの施策を打ち出してきてますしね。
Posted by 特急こぶし at 2019年01月19日 22:12
朝霞台に停車する代わりに快急の停車駅の和光市・志木を通過する辺り千鳥停車してる感じ。
快速急行はどうなるんだろうね。
Posted by なるっち at 2019年01月20日 11:53
面白い試みですね。
実際、武蔵野線沿線から川越を目指すことがあり、
こういった速達でクロスシート列車があるのは楽しいです。
乗車時間は短いですけど。
川越特急に繋ぐ形で、羽田空港や浅草、スカイツリーに向かうバスを
設定できると良いなと思います。
テリトリー的な問題はあるにせよ。
Posted by ます at 2019年01月20日 20:51
>武蔵野線沿線から川越・川越市へは東上線で
他のパターンで川越に出るパターンって武蔵浦和乗り換え埼京・川越線ですかね(新秋津乗り換え西武池袋線から本川越は相当無理のあるルートに見えます)。競合しそうな気はしますが、どっち乗っても座れないこと確定してるし、本数は現状だと急行4本通ってる東上線有利、距離も運賃も精査してないですがまぁ東上線有利でしょう。そして北朝霞からクロスシートの川越特急に座れる快適性取れるか、上りは川越市始発でもないのでやっぱり座れるのか、と考えるとあんまりアピールポイントにならないのではないかと...

武蔵野線沿線から川越観光そのものの需要を喚起するためのアピール電車、という位置づけもあるんですかね。川越市発着じゃなじゃない上で末端部各駅停車の役目を負ってるって観光特急としてどうなんでしょう。


>川越特急に繋ぐ形で、羽田空港や浅草、スカイツリーに向かうバス

これ、川越に「向かう」ための運行だろうと予想されるのでまったく方向逆ですね。
そもそも川越からは空港リムジンバスは頻発してますし、現状でも池袋→浅草方面のバス(相当長距離になりますが)は一応あるんですよね...
Posted by K-San at 2019年01月22日 17:14
>上りは川越市始発でもないのでやっぱり座れるのか

ここなんですよね…川越観光への利便性向上を第一に掲げるなら
下りはともかく、上りは何本か(特に午後の便は)川越市始発で運行してくれれば観光客向けのサービスとして活きると思うのですが
Posted by 川向こうの県民 at 2019年01月22日 17:39
休日の武蔵野線沿線→川越、例えば現行で東浦和からだと

埼京線経由:43〜53分 500円
東上線経由:34〜40分 470円

朝霞台より武蔵浦和の方が近い東側からでこれですから、かなりの差と言っていいかなと・・・(東上線は34、36分の列車が多いです)。

休日の東上線下り急行は凄い混雑というわけでもなく、停車駅を絞ってることもあって、先頭寄り車両では意外と朝霞台からでも着席の可能性が無い訳でもないと思ったりします。また上りの快速急行は川越で結構入れ替わってたような気がして、こちらも同様かなとも思いましたが、甘いですかね・・・?
(自分がいつの日か坂戸から夕方上り快速急行に乗った際、途中駅から座っていた記憶が)
Posted by ひで99 at 2019年01月22日 18:17
すみません、幾つか訂正します。

・休日の東上線下り急行は→休日午前の東上線下り急行は
・また上りの快速急行は→また休日夕方の上り快速急行は

失礼いたしました。
Posted by ひで99 at 2019年01月22日 18:23
K-San様

武蔵野線沿線から川越観光そのものの需要を喚起するためのアピール電車、という位置づけもあるんですかね
⇒その通りだと思います。東武のプレスリリースにも「川越への利便性をさらに高め、川越観光=東武東上線のイメージの深度化を図ります。」とありますので武蔵野線沿線でもイメージの深度化を図りたいのでしょう。

ひで99様
休日の東上線下り急行は凄い混雑というわけでもなく、停車駅を絞ってることもあって、先頭寄り車両では意外と朝霞台からでも着席の可能性が無い訳でもないと思ったりします。
⇒仰る通り、川越特急は車両によっては朝霞台からでも座れると予想します。和光市を通過することで副都心線や有楽町線方面からの利用客に先に座られてしまうこともないですし。
Posted by E657 at 2019年01月23日 00:06
最初に「川越特急」ができると聞いてTJライナーのように下りは池袋・朝霞台を乗車専用にして川越と川越市を降車専用(上りは逆)にして特急料金を徴収するのだと思っていました。
東上業務部がなくなって東上線の独自路線が薄れつつある中、特急は伊勢崎線は有料、東上線は無料という「伝統」を引き継いだことに大変驚いている所です。
Posted by 東上線利用者 at 2019年01月23日 19:50
情報提供欄にも紹介させていただきましたが、東武東上線3/16改正の続報が先ほど下記(1)の通り発表されました(下記(2)はTJライナー関連)。
(1)http://www.tobu.co.jp/file/pdf/8ec1b6cc91ef33effbea794955431a1f/190129_1.pdf?date=20190129171435
(2)http://www.tobu.co.jp/file/pdf/15ec85a2bafba8a0095c7b1015d6281c/190129_2.pdf?date=20190129171520
※以下、上記(1),(2)より。
・「川越特急」:下り小川町行/上り森林公園発(上記(1)に時刻表あり)
・TJライナー:座席指定制に変更、下り増発
・その他:土休日午前の副都心線からの快速急行を小川町に延長、土休日最終一部繰下げ、越生線一部列車運転時刻変更
Posted by ライジング at 2019年01月29日 17:37
川越特急の池袋発は10時・11時なので、土休日7・8・9時の快速急行は存続しそうですね
快速の置き換えだと成増〜朝霞への有効列車が15分空きますが、準急の増発はあるのでしょうかね
Posted by ムーンライトながら族 at 2019年02月03日 12:51
川越観光などと言う首都圏ではあまりニーズのないところへ、一日たった2往復の川越特急をTJライナー用に開発した50090系を当てるなんて、東武も川越観光ではかなり迷走しているみたいですね。
川越観光に行くなら新宿から出ている西武の小江戸号を使ったはうがまだ快適だと思う(車両、快適性共に)。
東武も落ちぶれたものだ。
Posted by 長い夜のラビリンス at 2019年02月17日 10:25
> 長い夜のラビリンス様

確かにかつてはあまりニーズのない観光地だったかもしれません。
しかし川越市の入込観光客数の統計によると

平成元年 3,387,000人
平成30年 7,342,000人

と30年間で2倍以上になってます。

首都圏で日帰り観光地として昔から人気なのは鎌倉ですがこちらは

平成元年 21,024,298人
平成29年 20,423,829人
(平成30年のデータは見つけられませんでした)

かつては川越と圧倒的な差でしたが30年間で差が縮まっています。

こうして見るとかつては地味な観光地という印象だった川越も
現在では首都圏でそれなりの地位の観光地に成長しているといっても過言ではないかとおもいます。

川越特急の是非はともかく、東上線沿線では川越以外にめぼしい観光地もないので東武が川越観光に力を入れてくるのは当然かと思います。
Posted by 埼京線ユーザー at 2019年02月17日 11:18
 現代の東京に江戸の名残を探す人は何百万人といるでしょうが、少なくともまちなみとしての江戸をしのべる場所は残っていません。
 郊外に目を向けても、栃木市や佐原はそれなりに遠いし、街が小さいので賑わいという点で江戸の町という感じがしにくいです。江戸時代の風情を残した静かな町ではありますけれど。そして鎌倉はなんといっても鎌倉幕府の鎌倉で、江戸時代の影は薄いです。
 と、こんな風に考えると、まだ川越の観光は伸びる気がします。
Posted by Bangkok at 2019年02月17日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]