2013年04月17日

[東京都]都バスの一部路線で24時間運行、年内にも開始。「地下鉄24時間」構想は否定

 報道各社によると、東京都の猪瀬直樹知事は、東京都交通局が運行する都バスで、年内にも一部路線で24時間運転を行うと表明した。現時点で明かされたのは、渋谷−六本木間。朝日新聞が報じた「都幹部の話」によると、両方向に毎時1本で、利用状況に応じて、他の路線にも広げていくという。
 なお、日経新聞は、国が新たな特区構想として、都営地下鉄の24時間運行の検討に入ると報じた。これについて、猪瀬知事は報道陣に対して、保線のために不可能だとの認識を示し、一方で初電の繰り上げ、終電の繰り下げについて検討すると述べたという。
 ここから私見。猪瀬知事は五輪招致へ向けた都市機能改善の1つとして、都バス24時間運行を打ち出しているようですね。海外の大都市を参考にしてのことでしょうが、果たして東京で、かさむ運行費用をペイできるほどの需要があるのかが気になります。一方で、日経の「国が都営地下鉄24時間化を検討」は、なんだか湿気た打ち上げ花火のよう話でした(現実としては、同時に打ち出された都心部の容積率緩和のほうが重要で、地下鉄24時間化は目くらましかもしれません)。ニューヨークの地下鉄は24時間運行していますが、歴史的な経緯からほとんどの路線が複々線(または1.5複線)で、交互に保線をしているようですね。たとえば、大江戸線の環状部については、今日は内回りだけ終夜運行、明日は外回りだけ終夜運行のように、日替わりまたは週替わりで片側運行するということも可能かもしれません。ま、これも、どこまで需要があるかわかりません。

http://www.asahi.com/national/update/0416/TKY201304160043.html
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1505J_V10C13A4MM8000/

この情報はmnさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 09:29 | Comment(51) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [東京都]都バスの一部路線で24時間運行、年内にも開始。「地下鉄24時間」構想は否定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする