2023年09月16日

[南海]多奈川線が大幅減便で日中は毎時2→1本か。ラピートは終日毎時2本に。2023/10/21にダイヤ改正

 南海電鉄は2023年10月21日、南海本線、空港線、多奈川線、和歌山港線でダイヤ改正を行う。
 最も影響が大きいのは多奈川線で、大幅な減便が行われる。平日は現行の46往復から26往復に減り、土休日は同じく37往復が23往復になる。多奈川線は、現行ダイヤでは朝夕は毎時3本、日中は毎時2本だが、改正後の本数からすると少なくとも日中は毎時1本に減りそうだ(詳しい時刻はいまのところ未公表)。大幅な初電繰り下げと終電繰り上げも行われる。リリースでは利用状況に応じたものだと説明している。
 一方、空港需要が復調なことから、空港急行は8両編成の列車を増やす。ラピートも上下各6本を増やす。ラピートは現在日中に毎時1本の時間帯があるが、終日で毎時2本になる。
 また、平日19時台の和歌山市発上り急行1本が、和歌山港発に延長される。

https://www.nankai.co.jp/lib/company/news/pdf/230915.pdf

この情報は、ライジングさん、ななさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:南海
posted by Uchio at 09:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [南海]多奈川線が大幅減便で日中は毎時2→1本か。ラピートは終日毎時2本に。2023/10/21にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月13日

[JR東海][JR西日本]GW、お盆と年末年始は「のぞみ」全席指定に。今年(2023年)末から開始

 JR東海、JR西日本は、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」について、ゴールデンウィーク(GW)、お盆と年末年始の3大ピーク期は自由席をなくして全車指定席とすると発表した。今年(2023年)末から適用される。
 リリースによると、3大ピーク期には、自由席の乗車に長い待ち時間ができたり、自由席の乗降に時間がかかって列車の遅れが発生したりしていたという。自由席をなくすことで、一列車あたり指定席が約2割増える。自由席特急券を持った乗客は、デッキなどに立席で利用する場合に限って「のぞみ」に乗車できる。
 最初に適用されるのは2023年12月28日から2024年1月4日までの8日間。
 「ひかり」「こだま」「みずほ」「さくら」には通常通り自由席が設定される。これらの自由席が混雑した場合は、「のぞみ」の立席利用を案内する場合があるという。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000042944.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました。
posted by Uchio at 20:36 | Comment(60) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [JR東海][JR西日本]GW、お盆と年末年始は「のぞみ」全席指定に。今年(2023年)末から開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする