2010年05月17日

[JR東日本]東北新幹線の新種別は「はやぶさ」。公募1位の「はつかり」は却下

 JR東日本は、東北新幹線新青森開業後の来年3月に登場する「E5系」を用いた新列車の種別を「はやぶさ」と決定した。また、東北新幹線で現在、延伸工事中の八戸−新青森間の開業日を、2010年12月4日とすることも合わせて発表した。
 JR東日本は、E5系登場に合わせて、新しい種別の列車を運転することにし、名称を公募していた。約15万件の応募があり、1位は「はつかり」、2位は「はつね」、3位は「みちのく」だった。しかし、愛称に選ばれたのは、7位の「はやぶさ」。
 「はやぶさ」は2009年3月までは、九州へのブルートレインの列車名として使われ、広く知られる存在だった。東北とのゆかりは不明。いっぽう、東北本線の特急として名高かった「はつかり」「みちのく」は採用されなかった。
 JR東日本によると、E5系で登場するグリーン車を上回る高級シート(仮称・スーパーグリーン車)の正式名称は「グランクラス」となる。
 また、JR北海道のリリースによると、「白鳥」「スーパー白鳥」は、新幹線の新青森延伸にともない、運転区間を函館−新青森間(現行は函館−八戸間)とする。
 この情報は、急行Satさん、うみほたるさんからいただきました。ありがとうございました。

http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100505.pdf
http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100504.pdf
http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100503.pdf
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2010/100511-1.pdf
posted by Uchio at 23:54 | Comment(15) | TrackBack(2) | ニュース はてなブックマーク - [JR東日本]東北新幹線の新種別は「はやぶさ」。公募1位の「はつかり」は却下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「はやぶさ」ねえ・・・。
上位6位をすべて差し置いて選ばれるほどの理由が思いつかない。
いくら廃止になったとはいえ、つい2年前まで走っていた由緒正しい寝台特別急行の名称に使われていたということをまったく考慮しないのは考え物。
素直に「はつかり」でよかったのでは?
Posted by 夜路死苦 at 2010年05月18日 07:44
むしろ「はやぶさ」は鹿児島行きの新幹線に使ったほうが合うのでは?と思う(現実には「さくら」となったが)。
そもそも「はやぶさ」というのは「薩摩隼人」など鹿児島を連想させます。
Posted by えびちゃん at 2010年05月18日 10:12
道南バスの「高速はやぶさ号」と接続したりすると面白いのに。
Posted by at 2010年05月18日 17:07
愛称増えすぎ。逆に減らしてって感じ。
Posted by ST at 2010年05月18日 19:07
同じ方向行きだからいいのでしょうが、「はやぶさ」「はやて」ってまぎらわしいような…。
「あさま」「あさひ」がありましたしなあ。
Posted by オレンジ at 2010年05月18日 23:38
開業時にはE2系が残るので、<はや○○>で統一したイメージを持たせつつ差別化したかったのでしょう(殆んどの列車が<はや・こま>になるでしょうし)。行き先が同じで追い抜きもないでしょうから、<あさひ><あさま>ほど混乱しない気がします。

余談ながら、北陸新幹線は<はくたか>ですかねえ。
Posted by dai at 2010年05月18日 23:50
みなさんこんばんは。

私も発表当初は「はやぶさ」に戸惑っていました。

ただ、よく考えると“世界的戦略”の一環で「はやぶさ」になったのではないかな?と思ってみたりもします。

(以下一部は妄想話で申し訳ないですが・・・)
ご存知のとおり、世界中で、高速鉄道の建設を推し進めようとする動きが活発になっていますね。

当然のことですが、すでに高速鉄道として実績を挙げている日本は、フランス・ドイツなどのヨーロッパ勢に負けまいと、新規開業する高速鉄道のシステム・車両などを売り込む体制を強化しつつあります(導入が決まれば儲かるからこれは当然ですね)。

導入を検討している国のなかには、首相・大臣クラスの人が日本にやってきた際、N700系や山梨のリニア実験線に試乗したという話もよく聞きますね。

さて、今回導入するE5は、
・国内最速の時速320km/h(予定)で営業運転
・従来のグリーン車を上回るグランクラスの車両を連結(設置といったらいいかな?)
という、国内でも営業運転上特異な存在となるものです。

今現在実現に耐えうる最新鋭の技術を装備し、車内の環境やインフラも、これまで以上に力をいれたE5系車両はまさに「モデルハウス」みたいな存在といえるでしょう。

おそらく「これからはただ単に速いというだけでなく、座席のオプション(座席がモノクラスのみから、航空機のファーストクラス並みの座席も選択可)なども提供できますよ」ということで、他の国との優位性を見せつける狙いがあるのではないかな?と思います。
日本式高速鉄道の導入になんとしてもつなげようとする意気込みを感じます。

そこで、その車両につける名前(愛称)が大きな役割を果たすことになります。
世界的戦略を考えれば、やはり世界中の国の人が誰でも簡単な説明で容易に理解でき、「これは速そうだ」といわせるほどの、インパクトのある名前が一番です。

世界的戦略(外国の方への説明のしやすさ)という観点で改めてランキングを見てみますと、
1位:はつかり
秋に北からやってくる鳥(新幹線は2010年12月に南からやってくる・・・あっ!逆方向・・・)。実際の鳥は・・・う〜ん・・・。速・・・くはないな・・・。
2位:はつね
外国の方に説明するのにはすごく苦労しそう(すごいソフトなんですけどね・・・)
3位:みちのく
地域の名前を外国に紹介することには貢献できますが・・・。北海道にも伸びるし・・・。
4位:つがる
同上
5位:はやて
速そうだけど、これの外国語に相当する単語が思い浮かばず、説明が少々難しそう。
6位:みらい
最新鋭であると説明するにはもってこい。でも最新型だけでは・・・。
7位:はやぶさ
狩りをする際、時速200〜300km/hで降下(おおお!!外国の人にも説明しやすい!!)。
8位:かわせみ
穴堀のため勢いよく突っ込む・・・。トンネルに入る新幹線をイメージ?
9位:ねぶた
ねぶたの宣伝効果バッチリ。でも本題の新幹線との関連性を外国の方に質問されると・・・説明しにくい・・・。
10位:とわだ
「美しい十和田湖でゆったりしませんか。新幹線(に乗った時)から快適な環境を提供します・・・JR東日本(CM)」とか?(なんちゃって・・・)

(注)上記ランキングのコメントは個人の独断と偏見が入っています・・・読まれた方で不快感を与える可能性もありますので、あらかじめお詫びしておきます。)

こういう見方をすると、「はやぶさ」が選ばれたのにも多少納得がいく(?)かもしれません。考えすぎかもしれませんが・・・。

まあ、大半の外国の方は(相当鉄分が入っている人でない限り)「はやぶさ」が過去にどういった列車に使われたかはあんまり気にしないと思いますので・・・。

(以上妄想終わり)

理由はともかく「はやぶさ」が復活したことは良いことではないでしょうか・・・。

以上長文失礼しました。
Posted by うみほたる at 2010年05月19日 00:43
北海道延伸時にはまた新しい名称考えるんでしょどうせ。

スピード感っていうけど、320km/h運転するのって2014年以降なんでしょ。E5系自体、青森延伸に間に合わなそうだし。
今は青森固有の「はつかり」や「みちのく」でもなんら問題はない。
それに「はつかり」は十分スピード感ありそう(俺の主観)。
Posted by at 2010年05月19日 06:06
はつかりって、何たるものか理解してる人、どれだけいるのだろうか?
Posted by at 2010年05月20日 13:03
>理由はともかく「はやぶさ」が復活したことは良いことではないでしょうか・・・。

これ、「復活」って言うんでしょうかね・・・・。
たまたま同じ名前になっただけのような気がします。素直に喜べません。
Posted by at 2010年05月21日 20:42
>これ、「復活」って言うんでしょうかね・・・・。

あ〜
確かに・・・。

「はつかり」だったらまだ復活に近いイメージでしょうかね・・・

ちょっと言い方が問題だったか・・・。
ごめんなさい。

東日本の担当者の方が事前にJR九州に商標などの問題がないか確認した上で(7位を)あえて選んだみたいですから、よっぽどE5系をブランド化したかったのかな・・・と思ったのですが・・・。
Posted by うみほたる at 2010年05月21日 22:50
 私は、山陽〜九州新幹線直通列車の愛称公募に「はやぶさ」、今回のE5系列車の愛称公募に「みちのく」で応募して連敗でした。
 新函館延伸開業の際には、JR北海道初の新幹線ですから、きっと愛称が公募されるでしょう。「ほくと」あたりが上位になると思いますが、どうなるでしょうか?
Posted by いまは東京都民。 at 2010年05月26日 20:20
さて、「はつかり」は何年の命でしょうか。
運行開始が2011年春。2015年には北海道新幹線が開業しますから、4年ほどとなるのでしょうか。もしそうなったら、「新幹線史上最も短命だった列車」として語り継がれるかも知れません。
Posted by 鉄道を考える人 at 2010年05月29日 09:50
こんにちは。
福岡に住む者です。

子供のときからこれまで30年以上、東京方面に旅行や出張するたびに寝台特急はやぶさを利用していました。
廃止後は九州新幹線に名前が受け継がれることだろう、そのときは子供たちにこの列車の歴史を車内で話してやろうと思っていました。
ところが今回の縁もゆかりもない東北新幹線への命名、驚いたというより悔しさでいっぱいです。
列車の歴史感やネーミングセンスなんかあったもんじゃない。はつかり、はやてという地域になじんだりっぱな名称あるじゃないですか!

青森から鹿児島までの直通新幹線用に名前使うってなら納得するけど、できないでしょう。

この、火事場ドロボー!
九州にはやぶさ返せ!!

だいたい愛称募集しといて、1位が採用決まったことないですね。
Posted by はかた at 2010年08月26日 13:26
本日の定例社長会見で、新青森発着の「はやて」の時刻が発表されました。


http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100907.pdf

なぜか、愛称が「はやて11号」からと「はやて12号」からになっていて一桁台をあけてある(飛ばしている)ようでうが・・・

なんででしょう?

E5がデビューしたら、E5で運用する列車を一桁台にする予定があるとか?
「はやぶさ1号」みたいに?
(妄想)

新青森発着の列車だけしか発表されていないようですので、今後の発表にも目が離せませんね。個人的には在来線関連が一番気になりますが。
Posted by うみほたる at 2010年09月07日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※いただいたコメントは、管理人が確認したあとで掲載されます

この記事へのトラックバック

東北新幹線「はやぶさ」
Excerpt:  東北の空に、はやぶさが翔ぶ。いよいよ今年、2010年12月4日東北新幹線が全線開業する。1982年に大宮〜盛岡が開業した後、都心側では上野、そして東京と出発駅を固め、東北側でも20..
Weblog: 冷たい月の陽炎 LIBERTSTYLE
Tracked: 2010-05-18 00:24

JR東日本、東北新幹線の列車愛称決定
Excerpt:  新しい東北新幹線の列車愛称等の決定について〜2011年3月から新型高速新幹線車両(E5系)営業運転開始〜 [PDF/132KB]|JR東日本
Weblog: kqtrain.net(京浜急行)
Tracked: 2010-05-18 19:54