2010年11月21日

[阪急]京都線に停車駅減らした観光特急運転。地下鉄堺筋線との直通区間延長も。来年のダイヤ改正で検討、と日経報じる

 日経新聞は、阪急電鉄が阪急京都線に、現行の特急よりも停車駅を減らした新種別を導入する、と報じた。記事によると、新種別は梅田−河原町間で途中、十三、淡路、桂、烏丸の4駅にのみ停車する。観光客向けで、土休日の朝夕に運転する。2011年5月にも予定されているダイヤ改正で導入されるという。車両は、6300系の内装を「京風に」改造して、充当する。
 このほかに、梅田、高速神戸、宝塚からの嵐山線に直通する臨時列車については、時期を拡大するという。
 さらに記事によると、大阪市営地下鉄堺筋線との直通運転区間を、現在の高槻市から、土休日に限って河原町まで延長する方向で調整中だという。

http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819A96E3E5E2E3E48DE3E5E3E3E...

 この情報はmnさんからいただきました。ありがとうございました。
タグ:阪急
posted by Uchio at 10:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - [阪急]京都線に停車駅減らした観光特急運転。地下鉄堺筋線との直通区間延長も。来年のダイヤ改正で検討、と日経報じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに堺筋線⇔河原町間の直通運転、来ましたね。ずっと心待ちにしていました。堺筋線沿線や大阪南部(動物園前など)から乗り換え無しで京都へ行けるのは魅力だと思います。(梅田乗り換えより)。土休日だけでもいいので、是非、堺筋特急を運行してほしいです。(できれば、天六〜桂をノンストップ運行してほしいですが)笑
Posted by 井上大輔 at 2010年11月25日 05:05
堺筋線 66系も河原町まで運用されるようになるのでしょうね。

6300系 京風改造は方向幕はLEDだと思われますし、形がどんなのか楽しみです。
Posted by 淡路人 at 2010年11月28日 20:51
堺筋線 66系も河原町まで運用されるようになるのでしょうね。

6300系 京風改造は方向幕はLEDだと思われますし、形がどんなのか楽しみです。
Posted by 淡路人 at 2010年11月28日 20:51
6300系、嵐山線ローカル以外は全滅かと思いきや。6350Fが生き残るということでしょうね。ここにきて以外や以外といった印象です。でも最初からこうする予定なら6330Fを残しておいたほうがよかったのになぁ。
Posted by 匿名希望 at 2010年12月01日 00:30
新種別導入や、堺筋線から河原町への直通運転には賛成ですが、ここのところ方針がころころ変わっているような印象がありますね。

途中駅重視、梅田一極集中の姿勢を打ち出したのはそれほど前の話ではなかったはずでは?
Posted by at 2010年12月08日 01:24
ウィキペディアによると、天下茶屋駅1番ホームは、河原町行の優等列車を走らせ、その発着ホームとして活用する予定だった様ですが、今回のダイヤ改正で実現するのでしょうか?楽しみですね。
Posted by at 2010年12月11日 23:16
新聞発表では関空を利用する外人が京都へ行くのに乗りやすくするというのが主な理由ですが、実際に天下茶屋といういわば大阪のローカル色が濃い駅で乗り換えて京都河原町方面に出かけるのでしょうか?やや疑問ですが、一方で京阪に流れる大阪地下鉄沿線の客を拾い集めるのが本当の理由なのかもとおもいますが、今でさえダイヤが輻輳している中でさらに1時間あたり3本を入れるのにやや無理があるのではという懸念があります。
Posted by タルゴ at 2011年01月31日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※いただいたコメントは、管理人が確認したあとで掲載されます

この記事へのトラックバック