2021年11月29日

[大阪モノレール]休日に減便、11時以降は10分間隔が12分間隔に。12/11にダイヤ改正

 大阪モノレールは、2021年12月11日にダイヤ改正をおこなう。変わるのは土休日ダイヤのみで、本線ではほぼ全面的に減便となる。
 本線は、現行ダイヤ(土休日=以下省略)では、ほぼ終日10分間隔だが、改正後は11時台以降は12分間隔となる。リリースによると「利用が減少している時間帯」だという。また、現行ダイヤでは、夕方にはさらに千里中央−門真市間の区間列車が設定されている(今年5月15日以降は休止中)が、改正後は廃止される。
 一方、彩都線は、現行ダイヤでは12〜14時台が20分間隔で、それ以外は10分間隔だが、改正後は本線と同様、10時台までは10分間隔、11時台以降は12分間隔となる。開業以来、日中は20分間隔だったが、近年のダイヤ改正(2017年2020年)で少しずつその時間帯が短くなっていた。今回の改正で、土休日には、本線と本数がほぼ揃うことになる。

https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2021/11/20211112pressrelease.pdf

この情報は、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました
posted by Uchio at 19:26 | Comment(2) | ニュース はてなブックマーク - [大阪モノレール]休日に減便、11時以降は10分間隔が12分間隔に。12/11にダイヤ改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人様
記事作成ありがとうございます。

千里中央〜門真市間の区間運転列車について
リリースには「本年5月から減便のため休止中」と書かれておりますが、大型連休期間(4/29〜5/9)においても休日ダイヤ適用かつ区間運転列車運休という状態でしたので(大阪モノレールの下記発表参照)、実質的に4/29から運休が続いていることとなります。
http://www.osaka-monorail.co.jp/jpn/press-153.html
https://www.osaka-monorail.co.jp/monorailwp/wp-content/uploads/2021/04/pressrelease_20210423.pdf
そして、10月以降は沿線でのイベント開催時等にこの区間運転列車が「臨時列車」として運行されております(例:下記=10/16,17の運行を告知する大阪モノレールの発表)。
http://www.osaka-monorail.co.jp/info/news-719.html
12/11のダイヤ変更後も区間運転列車が「臨時列車」として時々運行されるかもしれません(12分間隔ダイヤになるので多少時刻が変更される可能性があります)。
Posted by ライジング at 2021年11月29日 20:29
線区ごとに事情が異なるので大阪モノレールの判断を否定するわけではないのですが、本当に直近で休日ダイヤの乗客が減ってるんでしょうかね。
私の目には、10月後半から休日の鉄道利用が急速に回復している一方で、平日は終日に渡って利用が低調であるように見えます。特に空港輸送はその傾向が顕著で、故に南海の判断は納得できるものでした。
大阪モノレールは10月以降4割程度の休日に臨時列車を設定しているようで、今回の改正は一体いつ考えた内容なんだろうと思わずにはいられません。
Posted by 丸太 at 2021年11月29日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※いただいたコメントは、管理人が確認したあとで掲載されます