2022年06月07日

「蒲蒲線」建設費の地方負担分について東京都と大田区が合意

 東京都大田区は2022年6月6日、東急多摩川線と京急空港線を結ぶ新線「蒲蒲線」の一期整備区間の建設に向け、建設費用のうち地方負担分(3分の1)について、東京都と大田区の負担割合を東京都と合意したと発表した。
 一期区間は、矢口渡−京急蒲田間。区などがまとめた整備計画によると、総事業費は1360億円。都市鉄道等利便増進法を適用して、建設費の3分の1ずつを国、地方、事業主体(新設される第3セクター)が負担する。このうち、地方負担分を、東京都と大田区とで3:7の割合で負担する(つまり建設費の30分の3を都、30分の7を大田区が負担)。
 区の整備計画では、矢口渡の蒲田方から地下線を建設する。現在の蒲田は地下化され、JRとの乗り換えには5分20秒かかる予定。京急蒲田も地下駅で、高架駅である京急との乗り換えには6分20秒かかる予定だという。
 利用者の3割が空港アクセスの旅客、残り7割は空港以外の大田区発着の旅客という想定。それが都と区の負担割合に反映され、都は空港アクセスの3割分を、大田区は残りをそれぞれ負担することで合意したという。
 日経新聞によると、区は今年度中に第3セクターを設立する。鉄道会社からも出資を受けるという。東京新聞は、2030年代後半の開業を目指すとしている。

(東京都大田区)
https://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/sumaimachinami/kamakamasen.html
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/kyougi-no-ba.files/kyougi-no-ba-goui.pdf
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/project-plan_gaiyou.html
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/project-plan_gaiyou.files/kyougi-no-ba-kekka.pdf
(日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC065Y70W2A600C2000000/
(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/181953

この情報は、ななさん、ライジングさんからいただきました。ありがとうございました
タグ:東急 京急
posted by Uchio at 07:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | ニュース はてなブックマーク - 「蒲蒲線」建設費の地方負担分について東京都と大田区が合意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットでは色々話題になってますが、大鳥居から先はどうするんでしょうかね?大鳥居で対面乗り換えが現実的だと思いますが、それでは整備効果は薄れてしまうし、京急に乗り入れとなると軌道が異なるし。JRの新線が注目を集めていることも考えると、京急も少しはメリットがあると考えているんですかね?京急は羽田空港駅の引き込み線建設と品川駅改良の方が大事でしょうね。
Posted by 夏海 at 2022年06月07日 11:56
費用便益比2というのが本当に驚きです。
整備案を見ると多摩川線の列車はすべて新線の方に向かう前提のようですが、事業者がどのようになるかに関わらず矢口渡〜東急蒲田間の運賃増は避けられないと思います。
昨年度の多摩川線蒲田駅の乗降人員が7万人程度とのことで、利用者数想定の5.7万人はクリア出来るんでしょうが、地域住民の利便性を犠牲にした計画は今後批判に晒されるのではないでしょうか。
Posted by 菊野台 at 2022年06月07日 14:59
大田区による『新空港線「蒲蒲線」整備調査のとりまとめ −新空港線「蒲蒲線」整備促進事業−』(2016年8月)では、東急蒲田地下駅での島式ホーム対面のりかえ(1線+1線)になっていました。ここでは多摩川線は矢口渡駅から単線で1線のみの東急蒲田地下駅へ。京急へは東急蒲田地下駅から単線で地下の南蒲田駅(京急蒲田駅付近)を経由して大鳥居駅へ向かうように描かれています。現在は、この文書は大田区のサイトで見つかりませんが、同じ配線略図が https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK23018_T20C12A8000000 で見られます。

代わって、現在、大田区の https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/koutsu/kamakamasen/project-plan_gaiyou.html にある「整備案」のイラストでは、多摩川線を複線で地下化し、東急の線路が京急蒲田地下駅へ直通するように描かれています。これを見る限りでは、京急蒲田地下駅は1線のみで、新設線部分は単線とも複線とも判別できません。ただ、将来を見越して京急蒲田地下駅には島式2線が確保されるでしょうから、当面は2線を東急の「新空港線」で使うことになりそうな気がします。

ところで、京急にとっては、京急蒲田駅−大鳥居駅間に既存線に並行して中途半端な新線を建設するメリットはどれほどあるのでしょうか。そもそも東急と直通はできない上、単線だったり1線ホームだったりと、ケチった分だけ制約も大きくなりそうです。さらに、今でさえ品川・横浜の両方面に分かれて複雑な運行形態がもっとややこしくなります。京急の絡む「二期整備区間」はこのまま立ち消えになるのではないでしょうか。

むしろ、将来的に第3ターミナルまで伸ばす構想のあるJRの「羽田空港アクセス線」を第3ターミナルからさらに伸ばして東急の「新空港線」につなげてしまうほうが現実的では。ただし、京急が黙ってはいないでしょうが。
Posted by hotdog at 2022年06月07日 15:42
課題山積みですね。
蒲蒲線の営業は東急?京急?3セク?
 全線3セク?
 東急蒲田地下で区切る?
 京急蒲田地下で区切る?
京急空港線(1435mm)に直通させるなら
 フリーゲージトレイン?
 3線軌条?
 京急蒲田地下でホーム対面のりかえ?
 大鳥居駅で対面のりかえ?
 そもそも、東横線、目黒線、京急空港線ともダイヤにそんなに余裕はない。
東急多摩川線は18m車×4両が限界
 東横線、目黒線から直通させるなら多摩川線の抜本的な改良工事が必要。
東横線、目黒線、京急空港線に直通せず、多摩川〜大鳥居だけの区間運転ならば、建設の意義はかなり失われる。
さてどうなることやら。
Posted by サハシ165 at 2022年06月07日 16:29
管理人様
記事作成ありがとうございます。

さて、このところ首都圏の新線計画に関する動きが相次いでおりましたが、ついに新空港線(蒲蒲線)事業も本格的に動き出しましたね。
まずは無事に開業することを願いますが、やはり開業後のダイヤがどうなるのか気になります。
大田区の資料を見るに、単に東急多摩川線を京急蒲田発着に延長するだけでなく、多摩川から東横線渋谷,さらにその先への直通も見据えているようです。
仮に東横線直通も実施する場合、渋谷から横浜方面,新横浜方面,京急蒲田方面の3方向にそれぞれどの程度の本数を割り振ることになるのか、なかなか難しいところだと思います。
また東急多摩川線から東横線へ直通する際に田園調布付近で一旦目黒線の線路に入らなければならないのもダイヤ上のネックとなりそうです(これに関してはもしかしたら新空港線開業までに配線を変えるかもしれません)。

東急電鉄は昨年発表の「新・中期事業戦略」の発表資料の中(下記の3ページ目下段)で「新空港線の早期実現」を掲げておりました。
https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20210514-2.pdf
このように積極的な姿勢の東急が果たしてどのようなダイヤを検討していくのでしょうか。

※二期区間(京急蒲田〜大鳥居)まで考えると大変なので、ひとまず一期区間に限定した内容としました。
Posted by ライジング at 2022年06月07日 17:55
各所で報道されていますが、京急がどう思っているのか気になるところです。
2012年時点では「東京都の判断を待つ」として静観の形を取っていました。
http://www.asahi.com/travel/aviation/TKY201201130116.html
そしては今は東京都がある程度のゴーサインを出したということでしょう。ただ、2012年時点ではコロナ禍ではなかった上に、ホームドアのことやJRの羽田空港アクセス線のことなど10年前と状況が変わっています。

出資するであろう東急は羽田空港に直通運転したいでしょうけれども、厄介なのがご存知の通り京急と東急で軌間が違うこと、そして車体長が異なることによるドア位置がズレることです。京急は中期的な構想の段階ですが、全駅でホームドア設置を予定しています。蒲蒲線直通の列車も京急空港線の各駅に停車する場合、ロープタイプのホームドアを設置することになりますが、穴守稲荷のホームは狭く、ある程度のホーム幅が必要なロープタイプの設置が困難です。
1期のみだと乗り換えが不便になる駅にする工事をすることになり、2期までやると技術的な課題が多く、事業者間の摺り合わせが難しいのではないかと思い、正直微妙な話だと思っています。
JRの羽田空港アクセス線で品川方面の旅客の減少が目に見えている京急にとっては悪い話ではないと思いますが、どうにも技術の壁が分厚いです。
Posted by 銀千ハイパワー at 2022年06月07日 21:25
皆さんの言う通りで、行き先不透明、むしろつぶれることに期待したい話ですね
区内に空港を有するにもかかわらず、区の代表駅であるJR蒲田からの空港アクセスが異様に悪い大田区(と区長)のプライドを実現するためだけのような1期工事です
問題山積の2期工事まで進まない可能性が高く、そうなるとJR乗り換えや池上線との相互乗り換えで日々暮らしている多摩川線利用者を極端な不便に陥れるだけです
あるいは、連絡線は雪谷への入出庫からも残りそうなので多摩川線内ローカルは蒲田地上駅に乗り入れて、東横方面からの優等だけを地下線に入れるのでしょうか
だとしても、京急蒲田での再乗り換えを考えるとJR蒲田や池上線内からの空港利用に使う気は起きず、現行のシャトルバスのほうがまだましです
結局ひどい無用の長物のような気がします
Posted by 池上線利用者 at 2022年06月08日 10:04
大田区が地域住民の足としての蒲蒲線(空港アクセスとしての蒲蒲線ではない)の建設推進をはじめたきっかけは、ビッグバードのパート対策だと、10年以上前になにかのパンフレットで読んだ記憶があります

1993年にビックバード開業、2004年に第2旅客ターミナルも供用開始したのですが
売店飲食店のパートがとにかく集まらないのでどうにかしてほしいという要望が区に殺到したそうです
当時京急蒲田駅周辺は高架化前で、踏切渋滞がひどくバスが何時着くのか全く読めない状態で
JRや東急沿線から羽田空港でのパートを希望する人はほとんどいなかったそうです
結果パートの募集は、時給を高くし、川崎市北部や横浜市北部まで広げ田結果、高い交通費も負担せざるを得ず
とても苦しい状態だったようです
その一方で東急多摩川線沿線では、パートの主婦の求職難という現実があり
このような雇用もミスマッチを解消するために動き出したのが、大田区主体の蒲蒲線構想になります

但しそこから20年という時間、構想が停滞するなかで
京急蒲田駅は高架化され踏切渋滞は解消、コロナ下でパート不足もない今日の状況となり
当初の問題は一時的にせよ解消されていますが、この先の状況をどう考えるかという問題もあります
以前蒲田界隈に住んでいた住民でもある私としては、通勤・通学など地域住民の足としての蒲蒲線の必要性は
いささかも変わることはないと考えておりますが、まあ人それぞれでしょう

2014年に新大田区案といわれる現構想(矢口渡-京急蒲田の着工優先、大鳥居方面への延伸は凍結、
整備主体は大田区の出資する第3セクター、運営は東急電鉄)で東急と京急の同意を得たものの
東京都の同意を得られないまま、2018年に大田区単独で概略設計を実施(事業許可申請の記載事項をほぼ網羅)し
今年6月3日に、地方負担分の7割を大田区が負担する条件で、東京都との交渉妥結、6日にプレス発表
しかも整備主体である第3セクターについては、大田区が出資とあるだけで、東京都の出資は一言も触れられていません
全く出す気がないのか、あるいはまだ交渉中で棚上げのまま発表されたのかはわかりませんが
鉄道の第3セクターの場合普通は、県が主で、市区町村は従ですから、これはかなり異常と私には思われます
国の来年度概算要求の締め切りが近づいてますので、妥結を急いだ結果でしょうが
江東区が巻き込まれて困った事になりかねません
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC0608L0W2A600C2000000/
また都3:区7という負担割合については「新空港線の利用者のうち、区は空港アクセスを除く大田区発着に関する旅客分を、都は空港アクセスに関する旅客等その他の旅客分を、それぞれ負担」
と説明されています
これは7割が大田区民のローカル利用という意味でもあり、蒲蒲線の特色をよく示しており
有楽町線延伸区間と一概に比べられないところではありますが
区が7割負担するという前例を作ったという意味では、江東区への影響も大きいものがありそうです
Posted by やぎ at 2022年06月08日 23:46
初めて書き込みさせていただきます。
本当に実施する場合、池上線はどうするんでしょうか?(車両搬入とか含めて)
区長選が来年4月にあるから?なんてことはないとは思いたいですが。。
Posted by 浅草線利用者 at 2022年06月09日 18:35
浅草線利用者様
矢口渡〜蒲田間に、現行の多摩川線(地上)を連絡線として残す計画なので、車両の送り込みに関しては問題ないものと思われます。
Posted by なな at 2022年06月09日 21:56
このトンネルで出るであろう膨大な残土をどう処理するのかを思うと素直には喜べない。
Posted by あたみん at 2022年06月29日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※いただいたコメントは、管理人が確認したあとで掲載されます

この記事へのトラックバック